■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


日本企業「役員報酬額ランキングTOP10」

2019年07月02日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

東京商工リサーチは、20193月決算の

「有価証券報告書」から、2039社の企業と

役員の報酬額ランキングを発表しました。

 

そのTOP10は、以下の通りです。

 

1.ロナルド・フィッシャー(ソフトバンク)32.7億円

 

2.金綱一男(新日本建設 )23.4億円

 

3.マルセロ・クラウレ(ソフトバンク)18.0億円

 

4.クリストフ・ウェバー(武田薬品)17.6億円

 

5.カルロス・ゴーン(日産)16.5億円

 

6.宮内謙(ソフトバンク)12.3億円

 

7.サイモン・シガース(ソフトバンク)10.9億円

 

8.ディディエ・ルロワ(トヨタ)10.4億円

 

9.佐護勝紀(ソフトバンク)9.8億円

 

10.河合利樹(東京エレクトロン)9.3億円

 

株主としての配当を加えると、

創業者である孫正義さんや、柳井正さんが、

例年、100億円前後で「2トップ」になっていますが、

純粋な「お給料」としては、この10名が、

日本のトップだということです。

 

これらのうち、半分の5名が、ソフトバンク。

 

改めて、孫さんの凄さを感じます。

 

一代で築き上げた企業で、

役員にこれだけ、与えることができる。

 

自分が稼ぐだけではなく、

自分についてきてくれた人に、

超高額の報酬を還元することができる。

 

本当に、凄い方です。

 

私は、電通に在籍した頃に、

役員の年収が5000-6000万円程度と聞いて、

愕然としました。

 

当時の年収が1200万円程度でしたから、

 

「これから20-30年頑張っても、

 年収は4-5倍にしかならないんだ、、、」

 

と、夢を持てなかったのです。

 

今、改めて調べると、

2016年の石井直社長(当時)は、

1.45億円を手にしたようですが、

それでも、上記10名に比べると、圧倒的に低いです。

 

そのような過去を経て、起業当時の私は、

 

「会社員では難しい“1億円”を稼ぐ!」

 

と、ギラギラしていた時期もありました。

 

しかしながら、いざ、1億円を手にしてみると、

私は、自分のお金だけでは、モチベーションを

維持することができないことを知りました。

 

それ以後の私にとっては、

周囲の方を、いかに引き上げられるかが、

私の中でのモチベーションの源泉なのです。

 

だからこそ、孫さんのことを、

心から尊敬するのです。

 

つまり、私の収入や資産を上げることよりも、

私についてきてくださった方々を、

どれだけ成功させられるか。

 

100万円、1000万円程度ではなく、

1億円、10億円というレベルの仲間を

どんどん輩出できるように。

 

そこに焦点を当て、引き続き、

努力を続けたいと思っております。

 

追伸;

 

本日の写真は、貴重な晴れ間に外出し、

ゴリラビルを見て、喜ぶ娘!

 

 

 

北海道の旭山動物園には、

大好きなゴリラがいなかったので、

三茶に、会いに来たところです^^

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、

現在は「1億円」以上の資産構築に成功したkeiさんと

共同で開催したセミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

4月生まれのアスリートが多い理由

2015年04月18日

※藤沢涼は今何位??


社長ブログランキングへ 

 

mama_tsubasa0418

 

日本のプロアスリートには

4月生まれの人が圧倒的に多く、

3月生まれの人はほとんどいません。

 

これは、日本の体育教育が

個人の「ゴール」を重んじるのではなく

同学年内での「勝負」を優先することによる

弊害だと言われています。

 

成長期において、「1年」の時間は

体格的にも運動能力的にも

大きな差になりますよね。

 

体格や運動能力に恵まれている

4月生まれの子供達は

同学年内の勝負において

ほとんど、勝つことができます。

 

そうして、

何度も、何度も勝ち続けることで、

「成功体験」を積み重ねるのです。

 

一方で、

3月生まれの子供達は

4月生まれの子供達に比べると

体格も運動能力も劣り、

勝負で勝つことはなかなかできません。

 

そうすると、

スポーツに対して

大きな苦手意識を抱いてしまうのです。

 

これが、4月生まれの子供と

3月生まれの子供の未来を

大きく変えてしまうということです。

 

子供達が成長して、

小学校高学年から中学生くらいになれば、

体格差や運動能力差はほとんどなくなります。

 

しかし、それ以前の

「成功体験」の質と量が、

その後のポテンシャルの成長にずっと、

悪影響を与えてしまうということです。

 

ビジネスにおいても、

「成功体験」を積み重ねることが

とても大切です。

 

ビジネスを開始するのは、

早くても10代後半ですから、

生まれた月による能力差はありません。

 

つまり、誰にも平等ということです。

 

実際に、プロアスリートと違い、

ビジネスの成功者には

生まれた月の偏りはありません。

 

まずは小さくても良いので、

ビジネスで成功するという体験を

重ねることが自信となり、

それがやがて、大きな成果に

繋がっていくのです。

 

そのプロセスにおいては、

誰かとの「勝負」を意識するのではなく、

それぞれ個人の「ゴール」に向かって、

社会に価値を提供することを

心掛けたいですね。

 

私は、お客様の笑顔という成功体験を

何度も何度も積み重ねることにより、

社会的価値のあるビジネスを

構築していきたいと考えています。

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

 

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

 

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料