■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


クリスマスに思う「宗教観」と「仕事観」

2016年12月23日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

本日、めでたく4歳の誕生日を迎えた息子が、

クリスマスツリーをバックに夫婦2ショットを撮影し、

アプリで加工して素敵な写真に仕上げてくれました。

 

何気ない日常を素敵な思い出に変換してくれて、

いつの間にか、こんなに成長してくれた息子のことが、

とても愛おしい毎日です。

 

今夜は、4年間幸せを与えてくれた息子の誕生日を

盛大にお祝いしたいと思います^^

 

さて、明日、明後日の土日、クリスマスイベントが

各地で盛り上がるかと思います。

 

キリスト教ではない日本人がクリスマスを楽しむことに

否定的なご見解を持つ方もいらっしゃいますが、

私は少し、違う見方をしています。

 

日本人は「無宗教」と言われますが、

特定の宗教に帰依していなくても、

宗教心が無意識に沈殿していて、「生きる所作」として、

生活の隅々に溶け込んでいると考えているのです。

 

たとえば、食事をいただく時には、

「命をいただく」ことに敬意を表し、

必ず「いただきます」と言う文化があります。

 

知人から最近の様子を聞かれると

「おかげさまで」と言うのも、

「お陰=神仏の加護」を常に意識してきたからこそです。

 

薄い宗教心なのに、無意識のうちに、

宗教的な生活を送っているのが、

言動の一致しない矛盾する日本人らしさです。

 

また、ユダヤ教、キリスト教では、

労働とは神との接触を失ったための「罰」

と考えられているのに対し、日本人は、

労働を通して、神との接触をする民族です。

 

5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)を重んじ、

働く場を「神聖な場」とみなす日本人は、

掃除をして清潔に保ち、道具を大切にして、

完璧へのこだわりを持ちます。

 

そのような様子を

日本企業の工場で見たスティーブ・ジョブズは、

大変感動し、自社工場の建設の際に

大いに参考にしたと言われます。

 

宗教性を含みつつ、無宗教的であり、

グレーゾーンの領域で胎動するのが、

日本人が元々持っている強みだと感じるのです。

 

クリスマスには、個々人で宗教を振り返り、

日本人としての生き方を見つめるようにしたいですね。

 

このように、

「宗教」も学べば学ぶほどに面白いですが、

それ以上に人生にインパクトを与えるのが、

「心理学」だと考えています。

 

私自身、「エニアグラム心理学」に出会ってから、

人間関係も、ビジネスも、とても良い状態になっています。

あなたも是非、その素晴らしさを

ご体感いただきたいと思います。

 

http://fujisawa-ryo.com/eniamaster_b

 

すでに、お席の半数が埋まりました。

 

お申込みいただいた皆様は、順次、

Facebookグループにご招待して、

同志との交流で研鑽していただきます。

 

2017年から人生を大きく変えられるよう、

1/22、渋谷Hikarieにいらっしゃってくださいね。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: