■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


電通がトヨタなどに巨額の不正請求

2016年09月25日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

ryo_aoi20160925

 

元社員として本当に情けないことなのですが、

電通が犯してしまった今回の罪に関して、

私も触れざるを得ません。

 

電通は、インターネット広告において、

広告を掲載していないにも関わらず

クライアントに請求していた額が、

少なくとも23000万円あることを発表しました。

 

会見で頭を下げる元上司たちを見て、

「怒り」や「悲しみ」が込み上げてくると同時に、

予想通りの未来が現実になっていることに、

複雑な感情を覚えています。

 

不正が行われたのは、201211月からで、

それは、私が退社した直後のことです。

 

あの頃の電通は、

明らかにおかしくなっていました。

 

マスコミの凋落を止めることができず、

インターネットの繁栄には追い付けない、、、

 

時代の急激な変化に対応できない恐竜は、

明らかに焦り、苦しんでいました。

 

その綻びの果てに、不正を起こしたのです。

 

電通は、今回の不正により、

長い年月で積み重ねた信用を、一瞬で失いました。

 

東京五輪の賄賂や、パナマ文書の脱税は、

なんとか、うやむやにしていましたが、

今回は、もう逃れられません。

 

そして、これは氷山の一角であり、

さらに大きな問題が出てくると考えています。

 

「不正の発覚は、

 トヨタさんからの指摘が最初だが、

 報道ではそのことを書かないで欲しい」

 

謝罪会見における中本祥一副社長のこの発言は、

「謝罪」する立場の人間がするものではなく、

メディアへの圧力を行使してきた古い文化、

そして、隠蔽体質を露呈しています。

 

事実、今回の報道は海外メディアが先に報じ、

日本のメディア(特にマスコミ)はしばらく、

沈黙を貫いていました。

 

このような文化は、もう終わりです。

 

インターネットで、すべてが露わになります。

 

インターネットが持つ巨大な力に、

社会はどんどん飲み込まれていくのです。

 

その流れの中で、

マスコミや古い大企業は淘汰され、

個人の力が加速的に強くなっていきます。

 

実際に、マスコミの広告に頼らずとも、

個人のメディアで、

化粧品や洋服が爆発的な売上を見せたり、

不動産なども売れていく時代になっています。

 

好きなことを追求した個人が、

年収数千万円、あるいは、数億円を手にし、

組織に属さずに自由に生きているのです。

 

私自身も、電通時代の労働量の数分の一、

精神的には、「千分の一」程度の負担で、

当時の何倍もの収入を得ています。

 

電通の不正自体は、本当に腹立たしいことですが、

私の使命は、新たな「生き方」、「働き方」を、

私自身の「生き様」で示していくことだと、

改めて感じております。

 

電通が今回の件をどう「消火」し、

体制を立て直していくのか(立て直せるのか)、

しっかりと見守りながら、私なりの視点で切り取り、

これからもお伝えしていきますね。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料


安定という名の幻想の鎧

2014年08月24日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

 

 

takashimaya_park0823

 

日本で最も「安定」と言われるような

会社にいて、私が手にしたものは

心の「不安定」でした。

 

自分の人生を

誰かにコントロールされているような

息苦しさをずっと、感じていました。

 

「嫌なことに耐えるのが

 仕事だから・・・」

 

そんな台詞で

同僚と慰め合うような

日々が続きました。

 

当時、頂く給与は

私にとっては「我慢料」。

 

極めて不健全なことですが、

今、毎月の給与を

そのような気持ちで

受け取っている方も

多いかもしれません。

 

一方、

現在の私は、世の中的には

「不安定」でしょう。

 

しかし、

会社員時代に比べて圧倒的に

心が「安定」しています。

 

誰にもコントロールされず、

自分自身で人生の舵を

取っているからです。

 

会社員の頃は、

「安定」に見える「不安定」。

 

起業した今は、

「不安定」に見える「安定」。

 

全く、正反対なのです。

 

会社に勤めれば、

「安定」の鎧を纏えます。

 

特に、大企業であれば、

その鎧は強固なものです。

 

どんな攻撃からも

身を守ってくれるような

鉄壁の鎧です。

 

しかし、

それは大変重く、

私にとっては

歩くことさえも

息苦しく感じるものでした。

 

最近、

長い付き合いの方から、

 

「顔が変わった」

 

と言われます。

 

以前は、

不安定な心を隠せずに、

憂鬱な顔をしていたのだと思います。

 

自分の人生を生きている今、

晴れやかな心が

顔にも現れているのでしょう。

 

あなたは、

安定という名の不安定に

押し潰されそうになっていませんか?

 

もしそうであれば、

私のように、

幻想の鎧を脱ぎ捨てるべき時

かもしれません。

 

見せ掛けの安定よりも、

心の安定の方こそを、

大事にして下さいね。

 

  

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

 

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料

 


元電通マンの告白28~クリエイターの逆襲~

2014年06月30日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

 tsubasa_papa0630

 

マスメディアの世界では、

クリエイターの超低待遇が

蔓延しています。

 

「発掘!あるある大辞典」の

捏造問題で公になった通り、

番組1回のスポンサー料約1億円は、

下記のように分配されます。

 

電通 1500万円

 

関テレ電波料 500万円

 

地方局電波料 5000万円

 

関テレ制作費 2340万円

 

制作会社 860万円

 

1億円のうち、

実際に制作を行った会社は、

1割ももらえないのです。

 

地方局なんて、全く働かないで、

「番組」と「お金」をもらいます。

 

これは、世界一美味しい商売と

言えますよね。

 

総務省に払う電波料も

微々たるものですから・・・。

 

一方、コンテンツを作る制作会社は、

酷い労働条件の中で大変な思いをして

何とかやっているという状況です。

 

私は、制作会社の方の苦しみを

よく知っていたので、

電通が彼らの倍の収入を得ることを、

自分達の仕事量・質と照らし合わせて

理解に苦しんでいました。

 

せめてもの気持ちで、

差し入れさせて頂いたり、

ご馳走させて頂いたりしましたが、

本当に申し訳ない気持ちで一杯でした。

 

このように

クリエイターが酷使されるのは、

テレビだけではありません。

 

日本のコンテンツ産業全般の

問題と言えます。

 

出版も、音楽も、映画も、

本来最も恩恵を受けるべき

クリエイターが、

軽視されてしまっているのです。

 

だからこそ、

時代の流れに敏感なクリエイターが、

マスメディアからインターネットに

どんどん流失しています。

 

そして彼らは、

マスメディアでは考えられない程の

報酬を受け取るようになっています。

 

コピーライター

 

デザイナー

 

動画クリエイター

 

多くのクリエイター達が

逆襲を始めています。

 

こうして、

優秀なクリエイターを失えば、

マスメディアが更なる苦境に

立たされるのは間違いません。

 

そして、インターネットは、

クリエイティビティに溢れた

素晴らしい世界になっていくことを

私は確信しています。

 

 

藤沢涼

 

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

 

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料

 


元電通マンの告白27~電通と原発~

2014年01月09日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

20140109_1

 

先日、「トヨタの闇」をご紹介し、

多くのご評価と共に

それ以上のご批判も頂きました。

 

利害関係のある方が

たくさんいらっしゃるので、

当然、覚悟はしていました。

 

ただ、痛みを恐れ、

真実をオブラートに包むなら、

私が情報発信をする意義が

無に帰します。

 

だからこそ、

現在のスタンスを

変えるつもりはありません。

 

そして、いよいよ、

この問題にも斬り込みます。

 

電通と原発。

 

トヨタから

年間1000億円の口止め料が

各媒体に垂れ流されているのと同様、

東京電力や原子力ムラは、

年間800億円以上のカネを

メディアにバラまき続けてきました。

 

地域における完全な独占企業であり、

競争相手がいないのにも関わらず・・・

彼らが何の為に宣伝広告してきたのか?

 

もう、お分かりですよね。

 

原発に関するネガティブな報道が

表舞台に出ないように、

メディアに賄賂を送り、封じ込む為です。

 

東日本大震災で多くの方が犠牲になり、

国民が悲しみに包まれていた時、

 

「メルトダウンはしていない」

 

「放射能は危険ではない」

 

「ただちに健康に影響はない」

 

「避難する必要はない」

 

明らかな嘘ばかりが

垂れ流され続けました。

 

私は怒りを隠せず、

上司に直訴しました。

 

「こんなことが許されて良いのですか?

国民の命に関わることですよ・・・。」

 

上司はオフィスの隅に私を誘い、

こう言いました。

 

「お前の気持ちも分かるよ。

でも、あのカネが、

お前の給料にもなってるだろ?」

 

私はこの時、

はっきりと自覚しました。

 

「そうだ、自分も共犯なんだ・・・。」

 

どれだけ正論を言っても、

電通の社員でいる限りは、私は罪人。

 

権力やカネを持つ者が、

情報を有利にコントロールする

汚い世界に染まって行くのは、

もうゴメンだ・・・。

 

奇しくも、

時代はソーシャル全盛。

 

個人が情報発信力を持ち、

真実を伝えていくことが出来る。

 

私はそこに、

新たな人生を見出だしたのです。

 

 

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円超えを多数輩出する
私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/free/rp1

 

【Ryo’s Video】

・vol.1 「コミュニケーションデザイナーになろう」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2793

・vol.2 「電通SIPSの考察」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2802

・vol.3 「ナンパ」と「合コン」と「ネットビジネス」

→ http://fujisawa-ryo.com/nanpa_goukon

 

【Ryo’s Voice】

・vol.1 「情報業界ってどうなの?」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2729

・vol.2 「就職はすべきかどうか?」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2767

 

藤沢涼


社長ブログランキングへ

 

無料お薦め

 

有料

 


元電通マンの告白26~トヨタの闇~

2014年01月07日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

20140107_1 

勤務中に過労死しても、

労災認定すらされない。

 

販売台数より

リコール台数の方が多い。

 

海外では容赦ない解雇、

抗議デモの多発。

 

トヨタのこのような側面は、

マスコミからは伝わりません。

 

テレビもラジオも新聞も雑誌も、

トヨタ礼賛。

 

「トヨタは素晴らしい!」

 

のオンパレード・・・。

 

それはもちろん、

年間1000億円の

「広告宣伝費」という「口止め料」が、

各媒体に垂れ流されているからです。

 

2006年、トヨタの脱税が発覚しました。

 

明らかな脱税であり、

トヨタもそれを認めているのに、

報道では

 

「トヨタが60億円の申告漏れ」

 

という記事に変換されていました。

 

他社の同様のケースでは

「所得隠しだ!」「脱税だ!」と騒ぎ、

叩き潰すような報道をするのに、

トヨタには意図的に気を遣うのです。

 

2002年、トヨタ自動車社員が

職場で倒れ、そのまま死亡しました。

 

彼の妻は労働基準監督署に

労災を申請しましたが却下され、

裁判を起こしました。

 

しかし、この事実も、

全く報道されませんでした。

 

トヨタの利益は、

従業員や下請け企業の

苛烈な労働から

生み出されています。

 

過労やストレスで、

トイレで自殺する社員もいます。

 

私は、このような現実を伝えず、

ただただ素晴らしい企業だと

礼賛し続けるマスコミの偏向報道を

見て見ぬフリが出来ませんでした。

 

そして、国民のメディアリテラシー

(メディアを読み解く力)を高めることが、

この国の為になると信じて、

電通を飛び出し、微力ながらも、

真実を情報発信し続けています。

 

広告収入に依存する

マスコミの悲しい現実。

 

私達の未来の為にも、

引き続きお届けしていきますね。

 

 

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

私の講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/free/rp1

 

【Ryo’s Video】

・vol.1 「コミュニケーションデザイナーになろう」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2793

・vol.2 「電通SIPSの考察」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2802

・vol.3 「ナンパ」と「合コン」と「ネットビジネス」

→ http://fujisawa-ryo.com/nanpa_goukon

 

【Ryo’s Voice】

・vol.1 「情報業界ってどうなの?」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2729

・vol.2 「就職はすべきかどうか?」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2767

 

藤沢涼


社長ブログランキングへ

 

無料お薦め

 

有料

 


元電通マンの告白25~捏造~

2013年12月14日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

1214_1 2

「納豆を食べたら痩せる」

 

データを改竄し、

多くの国民を欺いた番組、

「発掘!あるある大事典」事件。

 

覚えていらっしゃるでしょうか?

 

テレビが公にしない

この事件の最大の問題は、

下請けの制作会社に作らせた番組を

ノーチェックで垂れ流したことです。

 

この点を指摘すると

自社にも火の粉が降りかかるので、

各社ともただ、騒動が落ち着くのを

待つのみでした。

 

公共の電波を格安で使い、

多くの国民に詐欺行為を働いた罪。

 

これは、テレビの「大罪」と

言えるでしょう。

 

私は、テレビ現場にいた実感として、

このような事件がいつ起こっても

おかしくないと考えていました。

 

テレビの裏取りは、

実にいい加減。

 

ネタが掲載された

新聞や雑誌の編集者に、

制作会社の若手社員が問い合わせ、

 

「この記事は本当ですか?」

 

「もちろん、本当です。」

 

・・・

 

これで終わってしまうのです。

 

マスコミに一番必要な力は、

どんな情報も疑ってかかり、

検証する力だと考えます。

 

しかし、実態は、

目の前の情報を

ただただ垂れ流すだけ。

 

中でも、テレビは最も、

いい加減です。

 

新聞、雑誌は、

形として残ります。

 

しかしテレビは、

放送されたら消えてなくなる。

 

証拠が残らないからこそ、

言いたい放題にしてきたのが、

テレビの汚いところです。

 

それでも、新聞、雑誌より

圧倒的に見ている人が多いのも、

テレビです。

 

だからこそ、捏造により、

被害者が大量に発生しています。

 

今も、番組制作現場では、

環境が大して改善されないまま

怪しい情報が垂れ流されています。

 

私達はいつまで、

テレビの捏造を許すのでしょうか?

 

平気で捏造し、

国民を陥れるテレビ局の社員が

国民の中で一番高い給与を得ている。

 

おかしいと思いませんか?

 

この状況を変えない限り、

正しい情報が日本全体に

浸透して行くことは、

有り得ないでしょう。

 

鵜呑みにしない、

と考えていても、

自然と洗脳されるのが

テレビの恐ろしさです。

 

個々人が、

正しい情報を掴み、

共有し合える時代へ。

 

共に改革していきましょう。

 

 

【Ryo’s Video】

・vol.1 「コミュニケーションデザイナーになろう」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2793

・vol.2 「電通SIPSの考察」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2802

・vol.3 「ナンパ」と「合コン」と「ネットビジネス」

→ http://fujisawa-ryo.com/nanpa_goukon

 

【Ryo’s Voice】

・vol.1 「情報業界ってどうなの?」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2729

・vol.2 「就職はすべきかどうか?」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2767

 

藤沢涼


社長ブログランキングへ

 

無料お薦め

 

有料

 


視聴率は電通がコントロールしている

2013年12月03日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

 

123_2

 

フジテレビ「笑っていいとも!」が

来年3月で終了する理由は、

視聴率の低迷だと言われています。

 

過去には30%に迫っていた視聴率が、

最近は6%前後にまで低迷していた

ということです。

 

このように、

絶対的な指標として扱われる視聴率。

 

実は、かなり胡散臭い数字です。

 

まず、その調査方法からして、

信憑性に欠けます。

 

視聴率の調査は、

サンプル家庭を定期的に入れ替えて

実施していますが、そのサンプル数は、

関東圏、近畿圏、中京圏で600世帯。

 

その他の地域では、

200世帯に過ぎません。

 

全体の世帯数から見ると、

圧倒的に少な過ぎるのです。

 

これでは、大きな誤差が出て当然。

 

視聴率調査をしている

ビデオリサーチも、

最大7%程度の誤差が出ることを

公表しています。

 

そもそも、デジタル放送の

インタラクティブな時代。

 

サンプル調査などしなくとも、

より正しい視聴率を計測出来るのに、

敢えてそれをしないのです。

 

これが、何を意味しているか、

お分かりになりますか?

 

「誤差」ならまだしも、

「不正」が可能なブラックボックスが

保たれている、ということなのです。

 

視聴率の計測方法が

サンプル調査であったとしても、

複数社が実施しているなら、

その数字は信用に値するでしょう。

 

しかし、日本では現在、

ビデオリサーチが一社で独占しています。

 

以前調査していた外資のニールセンは、

2000年に撤退させられているのです。

 

そして、視聴率を独占している

ビデオリサーチは、

驚愕の事実を抱えています。

 

なんと・・・

 

筆頭株主が34.2%保有の電通であり、

社長も、電通から送り込まれているのです。

 

つまり、テレビの視聴率で

莫大な収益を得ている電通が、

その視聴率を操れる状態を

保ち続けている訳です。

 

私が電通に入社してから、

これはおかしいと言い続けて来ました。

 

しかし、誰も是正しようとしません。

 

それもそのはず・・・。

 

そのおかげで、

電通の高給が維持されているからです。

 

あなたは、この状態を

放置して良いと思われますか?

 

誰が見ても異常な実態。

 

私は、個人の声を高めて、

正しい方向に導きたいと願っています。

 

ですから、もし、少しでも共感して頂けたなら、

是非、周囲の方にこの事実を伝えて下さい。

 

日本は、このような「闇」を正さない限り、

明るい未来を勝ち取れません。

 

これからは、個人の時代。

 

エリートと称されるような大企業にいることが

「正解」だった時代は終わり、

個人が輝き、個人が稼ぐ社会の到来です。

 

私が、その道の旗振り役を担えたら幸いです。

 

 

<2015年7月7日追記>

 

netgeekさんに取り上げて頂き、

たくさんのメッセージを頂いております。

ありがとうございます。

 

ご批判も頂戴しているので、

改めて、私の見解を追記させて頂きます。

 

まず、私は電通に感謝しています。

私を育てて下さった会社ですし、

電通での経験が無ければ、

今の私は有り得ません。

 

ただ、歴史のある会社であるが故に、

古い体質で改善すべき点が多々あることも事実です。

 

その点を是正し、日本社会をより良くする一助となれば、

という思いで、当記事を書かせて頂きました。

 

元社員の私だから持つ機密ではなく、

公の情報を紡ぎ合わせることに加え、

独自の見解で書かせて頂いております。

 

 

私の見解が間違っている部分もあるかもしれませんが、

少しでも、読者の皆様の考える機会として頂ければ

嬉しく思います。

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

ーーーー

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

 

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

 

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】
→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料


元電通マンの告白24~横領~

2013年11月21日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

1118_15

 

私がテレビを信じられなくなったのは、

23歳の時に「横領」を打診されたことに

始まります。

 

当時入社2年目の私に、

あるテレビ制作会社の社長が

こう言いました。

 

「制作費を多めに請求して下さいよ。

キックバックしますから。」

 

「キックバック」という意味すら

理解出来ずに戸惑う私に、

「やるのが当然」という顔で

要求して来る社長。

 

よくよく聞いて、

水増しした金を私的流用する

ということだと理解した私は、

 

「私は、そういうことはやりません。」

 

と、キッパリと言いました。

 

「いやいや、皆やってるよ。」

 

という顔で、

しつこく要求する社長は、

 

「まあ、いつでも待ってますから。」

 

と言い残し、

不満そうに帰りました。

 

他の制作会社の役員の方と

テレビ現場で仲良くなり、

お食事に誘われた時。

 

真面目で、熱く、

 

「テレビをもっと面白くしたい!」

 

という情熱を持っているように

思えた方も、お酒が進んだ頃に、

同様の要求をして来ました。

 

私は断り、その食事代を全額、

自分の自腹で支払いました。

 

制作会社3人で私1人を

接待してくれた日にも関わらず。

 

もう彼等とは、

関係を断とうと思ったからです。

 

そして、

帰りのタクシーの中で、

悲しくて泣きました。

 

テレビ関係者には、

もっと愛のある人間が

たくさんいると思っていた。

 

でも実際は、

大金が動く世界の中で

私腹を肥やそうとする人間ばかり。

 

大きく夢を描いてやって来た世界が、

汚れ過ぎていて、

吐き気がするようになったのです。

 

電通でテレビ制作に関わる同期は、

 

「俺達の特権じゃん。

バレないようにやれば良いんだよ。」

 

と言っていました。

 

彼は・・・内定式の時に、

 

「涙が止まらない程に泣ける広告とか、

腹筋が痛くなる程に面白い番組とか、

映像で人の心を揺さぶりたいんだ!」

 

と言っていた、

「同志」のはずでした。

 

私は、そこに、

人間の脆さを見ました。

 

昨日11/20、

番組制作費約1億4千万円を

私的に流用したとして、

テレビ朝日が45歳の男性社員を

懲戒解雇したと発表しました。

 

制作会社3社に、

架空計上や費用の上乗せなどの方法で

代金を請求させ、支払われた費用を着服。

自身の旅行費用や

服飾品の購入などに充てたと。

 

こういうことをしているのは、

「極一部の社員」ではありません。

 

しかし、

その社員の名前も公表せず、

こっそりと報道して

すぐに記憶から消そうとする。

 

テレビ朝日の報道を見ましたが、

扱ったのは、ほんの数秒・・・。

 

自社の不祥事です。

 

もっと深く調査し、

多くを伝えるべきでしょう。

 

テレビはもう、腐っています。

 

そろそろ、一度、

リセットしなければいけません。

 

このまま放置すると、

国民全体も、完全に腐っていきます。

 

 

【Ryo’s Party】

個人の時代、人生を変えましょう^^

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=3136

 

【Ryo’s Video】

・vol.1 「コミュニケーションデザイナーになろう」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2793

・vol.2 「電通SIPSの考察」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2802

 

【Ryo’s Voice】

・vol.1 「情報業界ってどうなの?」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2729

・vol.2 「就職はすべきかどうか?」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2767

 

藤沢涼


社長ブログランキングへ

 

無料お薦め

 

有料

 


元電通マンの告白23~就職人気ランキングの罠~

2013年10月30日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

1023_1

2013年卒の大学生を対象とした
就職人気ランキングのトップは・・・
・三菱商事

・JTBグループ

・日本生命保険

・電通

・三菱東京UFJ銀行

・明治グループ
どの企業だと思いますか?
実は、これらはすべて、
ランキングでトップになった企業です。

どういうことか?

と言うと、
ランキングの調査会社が
異なるのです。

()に調査会社を表記すると、
・三菱商事(ダイヤモンド)

・JTBグループ(マイナビ、学情)

・日本生命保険(日経新聞)

・電通(楽天)

・三菱東京UFJ銀行(文化放送、毎日コムネット)

・明治グループ(マイナビ)
となります。

日本の大学生を対象とした
同じランキングであるのに、
調査会社によって
こんなにも結果が違うのです。

対象大学、
対象時期、
対象エリア、
男女比、
などなど、色々な要素で
結果が違うのですが、
まあつまり・・・
良い加減だ・・・、と言うことです。

ランキングが右肩下がりだった電通では、
上位を狙う為の施策を講じる部署が
作られました。

そして、楽天の調査でNo.1になった時は、
社長が参加する全社会議で、
拍手喝采になりました。

私はこの時、
恥ずかしくてたまりませんでした。。

何をやっているんだ、この会社は。。

その時私は、
すでに退社を決意していたのですが、
さすがに、大丈夫かな?・・・と
心配になったのです。

2004年にトップだったJALは、
7年後、経営破綻しています。

2002年にトップだったSONYは、
4年連続赤字を垂れ流し、
2012年3月決算では
4566億円の過去最大赤字。

2012年トップを取った
パナソニックは、
2012年3月決算で
7721億円の巨額赤字。

トップ10に入っていた
シャープも含め、
電機各社は、事業の撤退、
大規模なリストラで
黒字化を目指しています。

大学生の見る目なんて、
こんなものです。

会社の実態なんて
見抜ける訳がありません。

しかし、
こうしてランキングにすることで、
企業の人気はどんどん
二極化していきます。

そして、入ってから、

「こんなはずじゃなかった・・・。」

となるのです。

2011年、
50年調査を続けてきたリクルートが、
ついに就職人気ランキングの発表を
止めることになりました。

大学生の皆さん、
目の前の情報に踊らされずに、
しっかりと人生を歩んで下さいね。

【Ryo’s Video】

・vol.1 「コミュニケーションデザイナーになろう」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2793

・vol.2 「電通SIPSの考察」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2802

 

【Ryo’s Voice】

・vol.1 「情報業界ってどうなの?」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2729

・vol.2 「就職はすべきかどうか?」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2767

 

藤沢涼


社長ブログランキングへ

 

無料お薦め

 

有料

 


元電通マンの告白22~情報は歪曲されている~

2013年10月07日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

0910_1

 

トヨタに批判的な論調の記事を、
週刊誌で見掛けることはありますか?

電通を叩くような情報が、
テレビで公開されたことはありますか?

答えは、いずれも「No」です。

メディアは、

・国

・スポンサー

・広告代理店

の力によって、
コントロールされています。

このことに気付いていない方は、
メディアリテラシーが低いと
言わざるを得ません。

しがらみだらけの現代、
メディアの裏を読む力が
重要になっています。

例えば、

「日本は破綻する!」

と言って危機感を煽り続けた上で、
先日、急に、

「2006年以来の好景気だ!」

と盛り上げられて、
さくっと消費税増税が決まりました。

マスコミから届けられる情報が、
何の目的を持っているのか、
その真相を読み解く力を持つべきです。

私が電通において
某企業の広告営業をしていた頃、
その企業の悪事が某週刊誌に
すっぱ抜かれました。

その情報を事前に聞きつけ、
部長、局長、担当役員が
慌てて出版社に乗り込みました。

後日、店頭に並んだ週刊誌には、
事前に書かれていた記事が
幻であったかのように消えて無くなり、
某企業に対するダメージは
最小限に抑えられました。

この時、その出版社と電通の交渉において、
今後の多額の広告費が保証されたことは
言うまでもありません。

このようなことは、
日常茶飯事なのです。

情報を受け身で受け取る時代は
すでに終焉を迎えています。

情報は、自ら取りに行き、
その真偽を自ら確かめるのです。

誰かに作られ、
誰かに歪められた情報に
踊らされないようにしましょう。

 

【Ryo’s Video】

・vol.1 「コミュニケーションデザイナーになろう」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2793

・vol.2 「電通SIPSの考察」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2802

 

【Ryo’s Voice】

・vol.1 「情報業界ってどうなの?」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2729

・vol.2 「就職はすべきかどうか?」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2767

 

藤沢涼


社長ブログランキングへ

 

無料お薦め

 

有料