■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


フリーエージェントとは何か。

2012年02月28日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

 

「フリーエージェント (free agent)」 とは、
組織に雇われない働き方をする人々です。
主にインターネットを使って、
自宅で好きな時間に働き、
誰にも拘束されず、
ストレスのない生活をしています。
そして、その中には、
莫大な富を形成する人が多くいます。

 

「フリーエージェント」という言葉は、
ダニエルピンク氏が2001年に出版した
『フリーエージェント社会の到来』により、
日本でも知られるようになりましたが、
まだまだ、一般的には認知されていませんね。

フリーエージェント社会の到来―「雇われない生き方」は何を変えるか/ダニエル ピンク
¥2,310Amazon.co.jp


私は、
この「フリーエージェント」が、
世界経済を変えると考えています。
旧来の「ものを作る」ビジネスは、
大変苦しい時代になりました。
日本でも、
先日、パナソニックが、
12年3月期の連結業績予想について、
最終(当期)損益を
従来見通しの4,200億円の赤字から、
7,800億円の赤字(前期は740億円の黒字)に
下方修正すると正式発表しました。
これは、
02年3月期の赤字4,277億円を上回る過去最悪で、
通期赤字は2年ぶりとのことです。
大手家電の連結最終赤字として
過去最大だった、
日立製作所の09年3月期の赤字
7,873億円に次ぐ水準ですね。
もちろん、11年度には「東北大震災」があり、
「タイの洪水」がありました。
不測の事態による損失も大きいですが、
ここには、大きな構造的問題があると感じています。
それは、「ものを作る」ビジネススキームが、
限界に来ているということです。
これから、富の大きな移動が始まります。
それは、「ものを作る」労働集約型産業から、
知的労働への移転です。
そして、その知的労働は、
組織ではなく、個人が担っているのです。
 旧来型の大会社が倒産して、
 たった1人の個人が、莫大な富を得る。
そんなことが、今後どんどん起こると考えています。
(すでに、起こり始めています。)
その莫大な富を得る個人が、
「フリーエージェント」なのです。
この動きに気付いている「イノベーター」の方は、
これから一緒に、より深く、勉強していきましょう。
ただ、まだ全く知らない方も、
心配しないで下さい。
既に活躍するイノベーターがいますが、
焦ることはありません。
今から勉強すれば、あなたも「アーリーアダプター」になれます。
共に勉強し、
共に富を形成しましょう。
藤沢 涼

 


社長ブログランキングへ

 

無料お薦め

 

有料

 

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: