■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


組織の弱点

2012年03月28日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

 

あなたは、
組織に所属されてますか?

 

所属されている場合、
その組織に貢献出来ていますか?

 

恐縮ながら、きっと、
足を引っ張っていると思います。

 

ご気分を害したら、
申し訳ございません。。

 

でも、高確率で当たっているはずです。

 

何故なら・・・。

 

人が集団で行動すると、
必ず「ラクをしよう」と思う
人間がいます。

会社という組織では、
「パレートの法則*」の通り、
会社の売上の8割が、
全従業員のうちの2割で
生み出されています。

つまり、従業員の8割は、
不要なのです。

しかし、
この8割の従業員を
リストラすると、
残った優秀なはずの2割のうち、
また8割が働かなくなります。

これが、組織の弱点です。

一方、
「フリーエージェント」はどうか。

「フリーエージェント」は、
組織ではなく、
個人がネットワークを形成して
仕事をします。

フリーエージェント同志が、
100%の力を出し合い、
一つのプロジェクトを
進めていくのです。

だから、強いのです。

組織の弱点を排除し、
個人が、
強力なネットワークで繋がる。

それが、
「フリーエージェント」の勝因です。

あなたも、私と繋がりませんか?

—————————–
*「パレートの法則」とは

経済において、
全体の数値の大部分(80%)は、
全体を構成するうちの
一部(20%)の要素が
生み出しているという説で、
イタリアの経済学者
ヴィルフレド・パレートが
発見した冪乗則です。

【例】

・売上の8割は全顧客の2割が
生み出している。
よって売上を伸ばすには
顧客全員を対象とした
サービスを行うよりも、
2割の顧客に的を絞った
サービスを行う方が
効率的である。

・仕事の成果の8割は、
費やした時間全体のうちの
2割の時間で生み出している。

・所得税の8割は、
課税対象者の2割が担っている。

—————————–

藤沢涼

 


社長ブログランキングへ

 

無料お薦め

 

有料

 

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: