■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「イクメン」を死語に!育児のあり方改革

2017年10月10日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

私は日本の育児のあり方に問題意識を持っています。

 

特に、「イクメン」という言葉があることを、

恥ずべきことだと考えています。

 

海外の先進国の多くでは、

男性が育児に参加することは

極めて当たり前のことです。

 

ですから、育児をする男性を指した言葉は、

日本以外に全く見当たりません。

 

つまり、日本では、

育児に男性が参加することが「異常」だと、

「イクメン」という言葉で自ら、

示してしまっているのです。

 

私が、息子や娘の写真とともに

記事を更新すると、批判を受けることがあります。

 

「イクメンアピールするな」

 

「子供をマーケティングに使うな」

 

「子供の将来を考えろ」

 

激務で離婚率の高い大企業に勤め、

子供の寝顔しか見られない上司の生き方に

疑問を持って退社した私にとって、

子供とずっと一緒にいられる生活は

夢に描いてきたものです。

 

また、私は母子家庭で育ち、

妻は父子家庭で育ちましたから、

幸せな結婚生活、そして、

子供にとって幸せな育児を実現することを、

私達は、人生で何よりも重要視しています。

 

その上で、人として当たり前の「父親」を

家庭内で担うことができない日本の働き方に

一石を投じるために、「文字」だけではなく、

私達家族の笑顔が、絶対に欠かせないと

考えているのです。

 

そうして、私の生き方や考え方に

少しでもご興味を持ってくださった方に、

再現性の高い「ビジネス」や「投資」をお伝えし、

 

「大企業の時代から、個人の時代へ」

 

という革命を、

 

仲間と共に起こしていきたいと願っています。

 

私には、批判の声以上に、

大変嬉しい、有り難い声も届きます。

 

「藤沢さんのような愛のある家庭を築きたい」

 

「日々の投稿を見て、子供が欲しくなった」

 

このような影響を、少数でも、小さくても、

誰かに与えることができているならば、

遅々として進まない日本の少子化対策に比しても、

多少は、日本に貢献できていると感じます。

 

自分達の幸せの先に、日本の幸せも描けるように。

社会の様子を見ながら、

家族の中でしっかり話し合いながら、

今後の私のあり方を定めていきたいと思います。

 

追伸;

 

カフェで私が記事を書いている間に、

息子はお絵描きしてお行儀良く待てるようになりました。

 

ノマド(これも死語?)な親子です!!w

 

「死語」も好きな言葉ではありませんが、、

 最適な言葉が他に無いため、ご了承ください。。

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: