■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


神社の御神体「鏡」が説く「逆」の発想

2016年08月15日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

ryo_tsubasa20160815

 

お金に困っている方に共通する特徴は、

「自分の都合ばかりを考えている」

ということです。

 

自分だけ良ければ良いと思っていたら、

自分だけは何とか救えそうですが、

実は、全く逆だと感じています。

 

例えば、同じ学びの場の中で、

 

「私だけついていけない」

 

「もっとレベルを下げて欲しい」

 

「誰も助けてくれない」

 

などと言う方の環境は、どんどん悪化します。

 

その一方で、

 

「みんなで切磋琢磨して、

 レベルアップしましょう」

 

「私のわかる範囲で、お教えしますよ」

 

などと、

積極的に周囲の方への貢献を考える方は、

その後に大きく飛躍しています。

 

自分のことを考える人の人生が良くなるのではなく、

相手のことを考え続ける人こそが、

より良い人生を歩んでいくということですね。

 

つまり、「逆」の発想をしなければいけない、

ということです。

 

ところで、

神社の御神体が「鏡」であることが多いのは、

「かがみ」の真ん中の「我」を無くせば、

そこに映るのは「神」であるからと言われます。

 

つまり、

「我を捨てなさい」

というメタファーだということで、

このメッセージからも、

学ぶべきことがありますね。

 

そして、御神体が鏡であることにはもう一説あり、

「この世界は全て逆だ」

ということを

教えてくれているとも言われています。

 

例えば、神社では、

お願いをしにくる人の願いが叶うのではなくて、

神様の願いを聞きに来てくれる人の願いが叶う、

ということです。

 

あるいは、お守りに守ってもらおうとする人が

守られるのではなく、お守りを守ろうと

大切にする人が、守られるということです。

 

自分のことばかりではなく、

誰かを、何かを、大切にしようという心掛けが、

人生において極めて重要だと認識したいですね。

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

  • by ウルトラマン

    眼から鱗です。いかに自己都合ばかり考え、要求してるかわかりました。
    参考にして明日からの人生に活かします。

    20 8月, 2016 1:10 AM

  • by 竹澤

    読ませていただいてハッとしました。
    これまでお守りは持っていればご利益のあるものだと思っていました。
    お守りを守り大切にする人が守られるんですね!
    昔の人の訓えは本当に理にかなっているのもが多いですよね!

    29 8月, 2016 10:17 AM




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: