■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


大手広告代理店は崩壊に向かっている。

2012年10月04日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

 

「私が電通を辞めた5つの理由」、

本日は、4つ目の理由をお話させて頂きます。

 
本日の記事は、波紋を呼ぶかもしれません。
 
電通の退社時に、
社内の機密情報を公開しないよう、
守秘義務契約を結んでいますので、
機密情報には触れない範囲で、
お話させて頂きます。
 
12年前、
私が新入社員だった頃は、
広告代理店はまだ、
コンシューマー・マーケットを動かす
華やかな存在でした。
 
広告制作は、
時代をリードするクリエイティブな仕事として評価され、
給与も高く、新卒大学生の就職人気ランキングでは、
常に上位に位置していました。
 
しかし、昨今は完全にその姿が変貌しています。
 
テレビでは、
クリエイティビティの感じられない
穴埋めの企業CMが垂れ流され、
深夜はどの局でも通販持込番組が横行しています。
 
雑誌は休刊・廃刊が相次ぎ、
豪華付録を付けなければ売れません。
 
新聞の広告面はどんどん減少し、
15段広告などは、
過去の産物になりつつあります。
 
このような時代の変化を受け、
マスメディア依存の大手広告代理店は
大打撃を受けています。
 
以前は大量に刷られ、
銀座のホステスにばら撒かれていたタクシー券は、
現在は全く発行されなくなりました。
 
給与も当然激減。
トップにあった就職人気ランキングは、
年々、下落しています。
 
ランキングの下落に表れているように、
大学生でさえ、
大手広告代理店が迎える未来に
気付いているのです。
 
それは、既存マスメディアの広告収入減少により、
長く安泰だったビジネスモデルが、
いよいよ、崩壊の危機を迎えているということです。
 
広告費が確実にシュリンクしていく一方、
広告の成果へのニーズは増大しており、
作業は煩雑を極めています。
 
これに応える為、
社員をどんどん増員していますが、
これがまた、固定費の増大となり、
傷を深くしているのです。
 
実は、私が入社した頃から、
このようになる危惧はありました。
 
しかし、大企業病を発症し、浮かれていた為、
結局具体的な対策が何も出来ていなかったのです。
 
JALの破綻も、このようにして起こったのでしょう。
 
ところで、
広告業界の景気の悪さは、
もちろん、日本だけではありません。
 
欧米でも、収益の急激な悪化と、
それに伴う冷徹なレイオフが実施されています。
 
ただし、国内の大手広告代理店には、
海外の広告業界とは異なる、
独特の病巣が存在しているのです。
 

・既存マスメディア・マージンへの過度な依存

・ドメスティックな企業体質(グローバル化の遅れ)

・高コスト(高い給与)

これらの詳細に関しては、
現在無料レポートを作成中ですので、
改めてご案内させて頂きますね。
 
大手広告代理店社員は・・・
 
沈みゆくタイタニックの中で、
外に出る術がなく、
海に飛び込む勇気も無く、
ただ、船に乗せられた
高級食材に噛り付いて
恍惚に浸っている・・・。
 
そして、
食材がすべて無くなるまで
しゃぶり尽くそうとしている状態です。
 
もう、残念ながら、手詰まりだと感じ、
私はそのタイタニックから、
一足先に下船したのです。
 
「フリーエージェント」という新たな船に乗って・・・。
 
藤沢涼

 


社長ブログランキングへ

 

無料お薦め

 

有料

 

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

  • by denndenn

    SECRET: 0
    PASS:
    30年ほど前、知っている電通マンが羨ましかった。
    ボーナス袋がテーブルの上で直立していました。
    どの業界でもありえない当時の光景でした。
    デザイナーはなんとか狭き門を突破すべく知恵を絞っていたのです。でも、残念ながら、優先権はスプンサーの子女が優先。これが、使い物になるのが少なく、要は人質。
    この頃から、すこしずつ、大企業病に蝕まれていたと思う。

    4 10月, 2012 12:14 PM

  • by 藤沢涼@元電通マン・年収12億与沢翼の一番弟子

    SECRET: 0
    PASS:
    >denndennさん
    私は12年前に入社したので、30年前の電通は社内の人間から聞いたレベルですが、凄かったようですね。
    タクシー券は使い放題、ボーナスも1年に4-5回の大盤振る舞い。そしておっしゃる通り、1回あたりもかなり分厚かったようです。
    今でもまだまだ高給ですが、当時は今の2倍位もらっていたのだと思います。
    その頃に浮かれていたツケが、確実に今来てますね。。
    コメントありがとうございました!!
    藤沢涼

    5 10月, 2012 5:23 AM




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: