■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


◆藤沢涼の半生⑬【フリーエージェントとの出会い】

2012年05月22日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

 

会社を離れて、
自分の人生を見詰め直しました。

私が抱いた、
「アーティスト」という夢。

幼少の頃の孤独や葛藤を、
自己表現することで発散し、
心の均衡を保ちたい。

そして、
私が自己表現することで、
多くの人に、夢や感動を与えたい。

心から、そのように願っていました。

「思考は現実化する」
と言いますが、
私は、自分が
アーティストとして
成功することを、
具体的に描くことが
出来ていました。

しかし、
私の思考が現実化することは
ありませんでした。

私の目に映る現実は、
音楽業界に隣接し、
マスコミや芸能界を
「黒子」になって支える
広告代理店の会社員。

芸能人や歌手と
接する機会が多い中で、
自分自身が向き合う相手側の
ポジションにいないことが、
とても悔しく、
悲しく、
辛い日々でした。

「なんで俺は、
このステージに立てないんだ?」

「なんで俺じゃダメなんだ??」

その思いは、
何年経っても
変わりませんでした。

いつまでも、抱いた夢が
褪せることは無かったのです。

そんな中での、
病気による休職。

私は、
インターネットの中を
彷徨っていました。

生きる意味を求めて
歩き続けました。

しかし、
どこに行っても
私が探し出したページは
「Not Found」。

生きる意味を示す場所に
出会うことは
ありませんでした。

それでも諦めず、
来る日も来る日も
彷徨い続けた私は、
やっと、ある男性に出会いました。

インターネットの中で
出会ったその男性は、
私がアーティストに
思い描いていた、

『自己実現をすることで、
多くの人に夢を与える』

という姿を、
別の形で実現していました。

私は彼に夢中になりました。

気付けば、
インターネットの中でずっと、
彼を追い掛けていました。

彼が発信する
すべてのメッセージに感動し、
どんどん魅了されていきました。

そして、私の夢は少しずつ、
彼の姿に重なっていきました。

その男性の肩書きは・・・

「フリーエージェント」

でした。

藤沢涼

 


社長ブログランキングへ

 

無料お薦め

 

有料

 

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: