■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


人生を変えるのは、「勇気100%」

2017年04月29日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

 

しばらく寝込んでいた息子が元気になり、

「カラオケに行きたい!」と言うので、

妻が買い物中に3人で歌いに行きました。

 

「大きな栗の木の下で」

 

「アイアイ」

 

など、いつも歌う定番の童謡を歌いつつ、

1番盛り上がったのは、

 

「勇気100%

 

息子が良く見るアニメ「忍たま乱太郎」の主題歌で、

GENJIHey!Say!JUMPNYCSexy Zoneと、

ジャニーズのアイドル達に歌い継がれている楽曲です。

 

この曲、メロディーも歌詞も、とっても素敵です。

 

 やりたいこと やったもん勝ち 青春なら

 つらいときはいつだって そばにいるから

 

 夢はでかくなけりゃ つまらないだろう

 胸をたたいて 冒険しよう

 

 そうさ100%勇気 もう頑張るしかないさ

 この世界中の元気 抱きしめながら

 

 そうさ100%勇気 もうやりきるしかないさ

 ぼくたちが持てる輝き 永遠に忘れないでね

 

息子に贈ってあげたい言葉が詰まっている、

素晴らしいメッセージソングだと思います。

 

私の過去を振り返っても、人生における壁は、

常に「勇気」で乗り越えてきました。

 

・高校時代、音楽が大好きで、

 3つのバンドを掛け持ちしていたのに、高2の夏、

 すべてのバンドから脱退し、本気で受験勉強をして、

 1つの成功体験を得た

 

・大学時代、芸能事務所に所属し活動していたのに、

 突然、事務所を離れ、多くの先輩達にOB訪問をして

 広告代理店への入社を決めた

 

・自分の人生の舵は自分でとりたいと思い直し、

 起業して自由に生きていく道を選んだ

 

これらのどのシーンも、

「勇気100%」で進んでいます。

 

もし、「1%」でも勇気が欠けていたら、

その行動をしなかったり、中途半端になるなどして、

今とは別の人生になっていたでしょう。

 

また、妻との出会いも、突然の出会いに

勇気100%でアプローチしたところから始まっています。

私は、様々な岐路で、勇気を持てたからこそ、

今の幸せがあるのです。

 

失敗に怯えることなく、

道を決めたらとことん進んで行くことでこそ、

人生が切り拓かれるということですね。

 

もし、何か上手くいかないことがあっても、

 

 たとえさみしすぎる 夜が来たって

 新しい朝 かならずくるさ

 

命を失わない限り、新しい朝は必ず来る。

 

だから、「勇気100%」で挑戦していくだけだ。

 

そんな強い気持ちが、息子、娘だけではなく、

今、人生に迷っている人に届けば良いなと思います。

 

追伸;

 

動画も撮影しましたよー^^

 

 

「勇気100%」が始まると、

いきなり元気になり、立って歌い出す息子と、

その一方、少しずつ眠くなる娘に要注目です!ww

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: