■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「鬼太郎」と「コナン」が生まれた鳥取へ!

2019年08月21日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

本日は、中国地方への旅の中で、

子ども達が一番楽しみにしていた日です。

 

「ゲゲゲの鬼太郎」の生みの親である

「水木しげる」さんが育った街、

鳥取県境港市入船町にある「水木しげるロード」。

 

「名探偵コナン」の生みの親である

「青山剛昌」さんが生まれた街、

鳥取県東伯郡大栄町(現北栄町)にある

「青山剛昌ふるさと館」。

 

鳥取から生まれた2つの偉大なアニメの、

歴史を紐解く1日を、家族で過ごしました。

 

まず先に、「水木しげるロード」へ。

 

 

800mの通りに、

177体の妖怪ブロンズ像が立ち並んでいて、

大人も、自然とテンションが上がります。

 

 

この世界観に魅了されて、

私も、妻も、すっかり、妖怪の世界の住人へ。

 

 

写真撮影でも、ちょっと羽目を外しちゃいます。笑

 

娘は、「砂かけ婆」の登場に驚き、

「怖いー!キャー!!!」と叫び続けていましたが、

怖いもの見たさで、結局、

ずっと見続けてしまっていました。

 

 

この不思議な妖怪の魅力を

世に生み出した水木先生、

戦争で左腕を失ったご経験から、

戦争の悲惨さも伝えてくださる、偉大な方でした。

 

今回、この空間を楽しみながら、

こうして、平和に暮らせることの喜びを

改めて感じさせてくださったと感謝しています。

 

また、ボランティアで、直筆の「書」を

書いてくださる方もいらっしゃり、

この場所で、人としてどう生きるべきかも

学ばせていただきました。

 

 

名物の「まぐろラーメン」を食べて、

 

 

「鬼太郎アイスカフェラテ」を飲んで、

 

 

「妖怪饅頭」と「鬼太郎列車」を手に入れた上で、

 

 

「青山剛昌ふるさと館」へ。

 

 

息子も娘も、コナンが大好きなので、

こちらでは、さらにテンションが上がります。

 

青山さんが、どのような半生を過ごし、

愛されるキャラクター達を生み出したのか、

コンパクトにまとめられていたので、

ちょっとした行動の差で、人生が変わると知りました。

 

アニメーター志望だったものの、

よりお金が儲かると聞いた、漫画家になったこと。

 

「金田一」のような推理漫画を描いて欲しいと、

編集者からの案で、「コナン」が生まれたこと。

 

などなど、人の人生、

どこで何があるか、本当に分からないですね。

 

陽があるうちに「コナン駅」まで堪能できたので、

本日の旅程もクリア。

 

 

 

あと2日、中国地方の旅を楽しみます!

 

追伸;

 

昨夜、妻の誕生日ディナー中に、トラブルがありました。

 

 

なんと、私と息子がプレゼントした「ひまわり」を、

妻が、前日に宿泊したホテルに置き忘れたことに気付き、

しゃぶしゃぶ&すき焼きを食べながら、突然、

泣き出してしまったのです!

 

 

そして、いつも、「忘れ物」を注意されている息子に、

ずっと責められてしまうのでした!笑

 

親も、人間だから間違う!

完璧な人間などいない!

 

息子にとっても、良い勉強になったかな。w

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、

現在は「1億円」以上の資産構築に成功したkeiさんと

共同で開催したセミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: