■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


過去最高の「ブルー」!鹿児島・雄川の滝

2019年10月04日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

 

私達家族は、日本全国を旅する中で、

日本の美しい「青」に感動しています。

 

特に、高知の「仁淀ブルー」と、

北海道の「積丹ブルー」は、

思わず、息を呑む美しさでした。

 

新婚旅行で訪れたモルディブの海も、

感動する「青」でしたが、

それ超えるほどの美しさが、

私達が生まれた、この日本にこそあり、

輝いていたのです。

 

そして、今回の九州旅行にあたり、

妻が調べ、見付けてくれたのが、

鹿児島県の大隅半島にある「雄川の滝」。

 

数年前まで、鹿児島のガイドブックにも

全く載っていなかったそうです。

 

ところが、インスタグラムで

少しずつ投稿され始め、

 

「ここはどこ?」

 

「え?日本なの??」

 

と話題になり、現在、

一気に注目を集めている、絶景の秘境です。

 

鹿児島出身の私も、妻から聞くまでは、

全く知りませんでした。

 

また、生まれも育ちも

ずっと鹿児島だった私の母に聞いてみても、

 

「聞いたことがない」

 

という、超穴場です。

 

事前にインスタで見た光景は、

目を疑う程の美しさだったので、

 

「本当に、こんなに綺麗なのかな?」

 

「写真を加工してるんじゃないかな?」

 

と、半信半疑でした。

 

そして、いよいよ、

この目で確認に行こうとする当日の朝。

 

霧島を出発する時に、なんと、

急な土砂降り。。

 

雄川の滝の本来の美しさを

体感できないかもしれないと

肩を落としていましたが、、、

 

途中で寄った、

鹿児島県内最古の駅「嘉例川駅」に着くと、

朝から降った雨が止み、嘘のように快晴に!

 

 

 

木造のレトロな建物に風情を感じて、

電車マニアの息子がご機嫌になった上で、

満を持して、雄川の滝に向かいました。

 

3時間の車の旅を経て到着した、雄川。

 

 

すでに、滝に辿り着く前から、

そこまでを流れる川の透明度を見て、

 

「きゃー!すごーい!!」

 

と興奮レベルが上がり続け、

ついに、目の前に現れた滝は、

インスタで見るよりも美しかったです。

 

 

「絵みたいに、綺麗だね・・・」

 

妻と、息子と、声を合わせて、

ずっと、見つめ続けました。

 

日本に、それも我が故郷に、

こんなにも素敵な場所があったことと、

それが、現代文明のインスタによって

発掘されたことに、本当に驚きました。

 

ちょうど私達がついた時に、

光を与えてくれた太陽にも、感謝。

 

旅は、想像以上の喜びを与えてくれます。

 

勇気を出して電通を辞めていなかったら、

ここには一生、来なかっただろうな、、、

 

1つの決断で、人生は大きく変わりますね。

さあ、九州旅行も後半戦!

 

思う存分、楽しみます!!!

 

追伸;

 

雄川の滝の美しさは、是非、

直接訪れて、ご体感いただきたいです!

 

こちらの写真では、魅力半減です!

 

が、ポケットに入る携帯で、

これだけの画質の写真を

撮ることができるようになったことにも、

改めて感謝です^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、

現在は「1億円」以上の資産構築に成功したkeiさんと

共同で開催したセミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: