■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


1億総ジャーナリスト時代、到来

2020年10月08日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

「週刊エコノミスト」の記事に対するコメントが、

本日(10/8)22時時点で、約1500件になりました。

 

私は、そのすべてに目を通しました。

 

「この闇に、もっとメスを入れていくべき」

 

「勇気ある告白で素晴らしい。

 藤沢さんの活動を応援したい」

 

「その後も、東京五輪の賄賂や、

 嵐の櫻井翔の父親の天下り、

 国の給付金業務での中抜きや

 下請けへの圧力など、全く糾弾されていない」

 

などと、力強いお言葉に励まされました。

 

この記事が世に出た4年前は、

ここまでの反響はありませんでした。

 

ですから、社会の皆様がどう受け止めたのか、

私が知ることは難しかったのです。

 

ところが、

 

・インターネットやスマホが

 全世代に普及していること

 

・電通をはじめ日本の大企業に闇があることを、

 多くの人が感じ始めていること

 

・1億総ジャーナリスト時代が到来し、

 個々人の見解がシェアされる社会になったこと

 

によって、多くの方が動いてくださいました。

 

また1つ、社会を少しでも変える活動を

することができたように感じます。

 

その一方で、想定はしていましたが、

誹謗中傷もありました。

 

「いやいや、君の勤務態度は悪かったですよ」

 

「この情報商材屋の方が怪しい」

 

「こいつのブログを見たら、

 子どもの自慢ばかりでウザい」

 

少数ではありましたが、やはり、

批判的・敵対的な方がいらっしゃいました。

 

私の勤務態度に苦言を呈したのは、

元上司でしょうから、また、

あの当時の嫌な記憶がよみがえりますが、、、

 

無傷で社会を変えるなんてことは、できません。

 

改革には、必ず、痛みが伴います。

 

「この方の命は大丈夫なのだろうか?」

 

というご心配もあり、

私も、不安が全く無い訳ではありませんが、

私が生きた証を、こうして刻むことで、

日本の悪しき文化を変えられることを願っています。

 

追伸;

 

誹謗中傷で心が病まないように、運動!

 

最近は、私が運動している間、

子どもが椅子に座って、

お利口さんに待っています!

(そうそう、これぞ、子どもの自慢!)

 

何があっても、身体をたっぷり動かせば、

心は癒されます^^

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

http://fujisawa-ryo.com/rp_b

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: