■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


日本人初NBA・田臥勇太選手から息子にサイン

2019年01月07日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

私は、中学生の時、スラムダンクの影響を受け、

当時のNBAのスター選手、マイケル・ジョーダンや

マジック・ジョンソンに魅了されて、

バスケットボール部に入りました。

 

バレーボール部からの転部でしたが、

試合でも徐々に使っていただけるようになり、

どんどん、バスケに夢中になっていったのですが、、、

 

2つ下の弟が、同じ中学校に入学し、

同じバスケ部を選んでから、

バスケへの「夢」を、弟に託しました。

 

なぜなら、小学校を卒業したばかりの弟は、

すでに身長が175cmあり、

当時の私(172cm)よりも大きい上に、

運動神経も抜群で、あっという間に、

スタメンの座を奪っていったからです。

 

とても悔しかったですが、

私は、「音楽」の道で頑張ろうと、

それまでのバスケへの情熱を、

Xをはじめとしたロックに注ぐようになりました。

 

その後、弟の才能は瞬く間に開花していき、

早稲田実業にスポーツ推薦で入学した後、

同級生である田臥勇太選手らとともに、

全日本ジュニアに選抜されました。

 

そして、世界大会でも大活躍するなど、

輝かしい成果を残しつつ、

同じく同級生の五十嵐圭選手らとともに、

NBAを目指すことになります。

 

その中で、本当に、その夢を叶えたのが、

日本人初のNBA選手となった田臥勇太選手です。

 

この度、日本のBリーグ人気を牽引する彼が、

私の自宅近くの駒沢公園での試合に出場するチケットを

弟が取ってくれたので、昨日、久しぶりに、

生のバスケ試合を観戦に行きました。

 

 

 

田臥選手は、腰を痛めてしまっていて、

試合への出場ができずベンチ入りだったのですが、

終始、相手の「アルバルク東京」に対して劣勢な中、

「栃木ブレックス」のチームメンバー1人、1人に、

タイムアウトの時などに声を掛け続け、

最後の最後に、見事に逆転。

 

アウェイでの「1点差」の逆転勝利劇に、

弟と一緒に、大興奮でした。

 

 

さらに、特別にサインを書いてくれるということで、

息子宛に書いていただき、我が家の宝物がまた1つ、

増えました。

 

 

 

「翼くんへ」

 

日本No.1のバスケットボール選手から

サインを受け取った息子が、これから、

スポーツにどう目覚めていくのか。

 

とても楽しみです。

 

さて、1/20東京、1/26神戸で開催する

FXの「無料」セミナーは、

おかげさまで大好評につき、お席が残り僅かです。

 

私からのご案内は、

本日で終了させていただきますので、

是非、こちらをご一読の上で、

お席を確保してくださいね、

 

http://fujisawa-ryo.com/keis_b

 

追伸;

 

昨日のお席は最前列だったので、迫力満点でした!

 

 

 

 

写真ではなかなか伝わりませんが、

選手もボールも、目の前で飛び交う臨場感!

生で観るスポーツは、血湧き肉躍りますね^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、
もうすぐ「1億円」を達成するkeiさんと開催した
セミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: