■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


息子の号泣に感じた、親子2人旅の意義

2016年06月23日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

osaka0623_1

 

親子2人の男旅、大阪を1日堪能しました!

 

まず向かったのは、大河ドラマ「真田丸」で

改めて注目が集まっている、大阪城。

 

osaka0623_6

osaka0623_7

 

たった400年前に、日本国内でも

人と人が殺し合う現実があり、

その歴史の先に自分達の命があるということを、

息子にも知ってもらいたいと考えました。

 

そして、現在も、ビジネスという現場では

熾烈な戦いがあり、一瞬の隙を突かれて

形勢逆転するようなことがあると教えながら、

私自身も、油断しないように自戒しました。

 

城内で上映されていた

豊臣秀吉の子供の頃の映像を真剣に見て、

「パパ、天下が欲しい」

 

と真似て言った息子は、

きっと、野心のある素敵な男に育つでしょう^^

 

修道館にて殺陣の体験もさせていただき、

息子と共に、気合いを入れ直しましたので、

天下統一を狙って、親子で頑張ります!w

 

osaka0623_2

osaka0623_8

osaka0623_8_2


さて、続いて向かった

世界最大級の水族館「海遊館」で、

今回の旅行唯一の事件が起こりました。

 

osaka0623_3

osaka0623_10

osaka0623_9

osaka0623_12

osaka0623_13

 

2人で水族館を楽しんでいる間に

仕事の電話を受け、しばらく私が話していた際、

息子が走り出してしまい、

行方を見失ってしまったのです。

 

慌てて電話を切らせていただき、

走り回って見付けることができましたが、

息子はしばらく、号泣が止まらず、

大きな声で泣き続けていました。

 

3日間、母親と離れている寂しさもあり、

強い孤独感に襲われたのでしょう。

 

「ごめんね、パパはどこにも行かないよ。

 もう、絶対に離れないからね。」

 

息子を落ち着かせるために言った言葉でしたが、

それは、私自身が3歳の頃に、

実の父に求めた言葉だと気付きました。

 

そして、今回の旅は、

息子にこの言葉を告げるためにあったのだと

自分の心の中に定義しました。

 

大阪の街が教えてくれたこと守り続け、

息子、娘にいつまでも寄り添い生きることを、

改めて、誓いたいと思います。

 

夕方以降は、黒門市場、道頓堀を散策しましたが、

独特の文化がある街並みに、息子も大興奮でした。

 

osaka0623_5

osaka0623_14

osaka0623_17

osaka0623_16

osaka0623_15

osaka0623_20

osaka0623_4

 

大阪は素晴らしい街ですね!

 

大阪が与えてくれた

「愛」と「笑い」と「感動」に心から感謝して、

これから、東京に戻ります!

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

無料お薦め

有料


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: