■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「育児」は「育自」、「教育」は「共育」

2015年04月22日

※藤沢涼は今何位??


社長ブログランキングへ 

 

papa_tsubasa0422

 

「竹取物語」や「桃太郎」を読み直すと、

そこには共通したテーマがあることに

気付かされます。

 

小さな命を育てるのは、

実際の父親、母親ではなく、

おじいさん、おばあさんですね。

 

すでに子供を生み育てた夫婦が、

自らの力ではなく、

何か計り知れない大きな力により

子供を授かるストーリーです。

 

これらはもちろんフィクションですが、

日本において、これ程までに長い間

語り継がれるということは、

私達の心を惹き付ける何らかの要素が

あるのだと思います。

 

そしてそれは、

 

「子供は、育てるのではない。

 育てさせて頂いてるのです。

 授かった子の命を、

 大切に守り、慈しみ、育む過程で、

 あなたも大きく成長しなさい。」

 

というメッセージだと感じています。

 

現代は、子供を持つことを

「リスク」だと感じる方が

増えているそうです。

 

実際に私の友人でも、

 

「子供?可愛いと思うけど、

 会社がどうなるか分からないし、

 今の収入じゃ、、無理だな、、、」

 

という人も多くいます。

 

しかし、私は息子を育てる過程で

本当に多くのことを学んでいますから、

このように「リスク」だと感じてしまうのは

本当に残念だと思います。

 

私にとって、

子供を育てることは「育児」ではなく、

私自身が育てて頂いているという

「育自」です。

 

また、私や妻が一方的に

「教育」しているのではなく、

共に育つという「共育」の機会を

頂いているのです。

 

そして、

このような価値観の変化と共に、

仕事も同様に考えるようになりました。

 

会社の部下や後輩に

「教育」する時は、

自分が一番成長しますよね。

 

「教える」ことによって

「教えられる」のです。

 

私がコンサルさせて頂く際も、

私の方が学ばせて頂くことに

感謝する日々です。

 

ですから、あなたにも是非、

「育自」や「共育」という観点で

お子様と接して頂きたいですし、

同じ感覚で、仕事を捉えて頂きたいのです。

 

そのような姿勢が、

新たな「命」と素敵な「仕事」に繋がり、

社会が少しでも良くなると考えています。

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

 

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

 

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料

 

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: