■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「無料タクシー」15歳起業の社長が発表

2018年05月08日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

日本最年少起業家として15歳で起業した

吉田拓巳さん(現在22歳)が、平成31年から

日本で初めての無料配車・運行サービスを始めます。

 

車内のディスプレーに店や商品などの情報が流され、

「走る広告塔」として、スポンサーが運賃を負担する

という仕組みです。

 

新会社「nommoc」(ノモック)で、

福岡からスタートします。

 

私が広告代理店にいた時、同様の企画を

上司に提案したことがありましたが、

 

「広告費をペイさせられるだけの効果が無いし、

 そもそも、業界の圧力を受けて、成功する訳がない」

 

と、却下された苦い思い出があります。

 

タクシー業界にメスを入れることは、

既得権益を脅かすことになります。

 

様々な業界で、既得権益を獲得した企業は、

そこから甘い蜜を吸い続けるべきだ、、、

 

私は当時、このような日本の悪しき文化を

垣間見た気がします。

 

そうして、広告代理店も次のメディア開拓をせず、

高単価のテレビや新聞を売り続け、

目先の利益を確保してきたのです。

 

しかし、このように挑戦をしてこなかったことが、

インターネット広告を新興企業に続々と奪われるなど、

現在の体たらくに繋がっていると感じます。

 

もちろん、今回の吉田さんのチャレンジが

成功するかどうかは分かりません。

 

ただ、誰かがやらないと社会は変わらないし、

やることで、見えてくるものが必ずあります。

 

以前のインタビューで、

彼はこうおっしゃっていました。

 

「やったもの勝ちだと思います。

 

 ありがたいことにやらない人が多いので、

 やったほうが勝てると思うんです。

 

 僕がやってきたことを全員がやっていたら、

 僕は相当たいへんだったと思うんですけど。

 

 幸い誰もやらないでいてくれるので(笑)。

 

 その経験から、やればそこから

 絶対チャンスが生まれると思っています。

 

 自分のやりたいことを思いっきりやってみましょう。

 

 行動しなければ結果も未来もありません! 

 

 一緒に未来を作りましょう!」

 

まさに、おっしゃる通り。

 

私のような、「脱サラ起業」もそうです。

 

最近こそ増えて来ましたが、

まだまだ、恐怖を感じて辞められない人が多いです。

 

でも、だからこそ、私は自由と富を手にできています。

 

「やったもの勝ち」

 

私も改めて、自分に言い聞かせて、

社会を大きく変えるようなプロジェクトを

次々と展開していきたいと思います。

 

追伸;

 

子ども達には、どんどんチャレンジさせるぞー!

という願いを込めた、息子と娘の2ショット写真です^^

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、
もうすぐ「1億円」を達成するkeiさんと開催した
セミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「仮想通貨」1ヶ月で資産50倍が狙える裏技

私は「ビットコイン」の値上がり益だけで
資産を「10倍」にすることができましたが、
これからは、この裏技でさらに資産拡大していきます。

http://fujisawa-ryo.com/kyohei_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: