■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「感動体験」を積み重ねて人生に彩りを

2017年01月25日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

我が家では子供達のお誕生日を毎月お祝いして、

家族で1ヶ月の成長を喜び合ってきました。

 

月齢のお祝いは1歳までという一般的常識に従わず、

少なくとも3歳まではと続けてきて、

昨年、満期を迎えた時も、

 

「やっぱり、4歳までは、毎月お祝いしよう」

 

と、妻と誓っていました。

 

そして、今月、息子が41ヶ月になるにあたり、

妻と検討した結果、、、

 

「やっぱり、5歳までは、毎月お祝いしたいね」

 

と、さらに1年更新することになりました。w

 

妻は、可能なら20歳までやりたいと言っていて、

さすがに反抗期の時期は難しいと思うのですが、

子供達が喜んでくれている限りは、

毎年、1年更新していこうと思います。

 

ということで、41ヶ月のお祝いは、

新居のすぐ近くのお店を選びました。

 

 

 

ちょうど翌日から改装とのことで、

ソファー席最後のお客さんになったようで、

店長さんにとっても、

 

「メモリアルなお客様になった」

 

とおっしゃっていただきました。

 

お料理もとても美味しかったですし、

常連さんの皆様もとても優しく、

子連れでもリラックスさせていただけたので、

ソファー席が無くなっても、

頻繁にお邪魔したいと思っています。

 

さて、毎月のお誕生日お祝いなどの習慣は、

 

「くだらない」

 

というご意見もあるかもしれません。

 

しかしながら、私は、些細なことを喜び、

感動する心を持ち続けることは、

人生において、とても大切だと考えています。

 

現代社会は、残念ながら、極めてドライです。

 

その中で、周囲に流されてしまうと、

感情は淀み、万事に鈍感になっていくでしょう。

 

あれもくだらない、

これもくだらない、

世の中、くだらないことの繰り返し。

 

そのように捉え、理屈っぽく、ノリが悪く、

格好つけているだけの人間になってしまうのです。

 

そのような人は、周囲の方から愛されませんし、

ビジネスにおいても、成功は難しくなります。

 

たとえ、偶然何らかの成果が出たとしても、

その喜びを分かち合える仲間の不在により、

幸せを手にすることはできないと感じます。

 

「些細なことで喜ぶことができる」

 

そんな人間らしい人間こそが、

ヒューマノイドの時代に支持を集めていくと、

私は信じています。

 

身の回りの小さなこと、、、

 

例えば、食べ物、風景、映画、音楽など、

どんなことでも、そこに喜びを見出し、

感動できる心を大切にしたいですね。

 

私は、感動体験を意識的に増やすためにも、

息子と娘の毎月お祝いを、これからも続けていきます。

 

あなたも、あなた独自の感動体験を

日常の中に積極的に取り入れて

人生に彩りを加えていって欲しいと思います。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: