■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「欲望に満ちた青年団」を聴きながら

2015年12月21日

※激戦の社長ランキングの中で、

 藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

ryo_tsubasa1221

 

誰もが「保守的な自分」と「革新的な自分」を

心の中に併せ持っていて、その割合の違いにより

人生で選ぶ道が変わっていきます。

 

そして、私が多くの方と出会う中で、

いつまでも若々しいと感じる方は、

革新的な割合が大きい方です。

 

あらゆることに好奇心を持ち、

常に新しい本、音楽、ビジネスなどを

求め続けています。

 

一方で、保守的な割合が大きい方は、

若さを保てず、老け込んでしまいます。

 

新しいものとの出会いを完全に無くすと、

心も身体も、新陳代謝が悪くなり、

細胞が老化していくのでしょう。

 

息子を見ていると、

常に、新しいものを求め、

「次」はこれ、「次」はこれと、

「次」というものへの欲求が

異常に強くあります。

 

大人になっても、このような

「子供の心」を持ち続けることが、

見た目も、脳も、若々しく保つのでしょうね。

 

保守的な割合が大きい方は、

新しい音楽を聴いたり、

新しい本を読んだ時に、

その良さを感じられず、

時間の無駄になることを恐れます。

 

そして、新しいビジネスも、

失敗するリスクを恐れて

取り組みません。

 

新しいものは評価が定まっていないので、

無駄なものや、良くないものが

含まれる可能性は存在します。

 

しかし、だからと言って

新しいものへの扉を完全に閉ざしてしまうと、

今日と変わらぬ明日が続いてしまうのです。

 

私の中にも、

「保守的な自分」と「革新的な自分」の

両方がいて、そのどちらも大切にしています。

 

ただ、できるだけ、革新的な自分の方を

大切にするようにしています。

 

それは、そのように意識しないと、

年齢を重ねるごとに

保守的な自分が大きくなるのが

分かっているからです。

 

これは、リスクを避ける本能なのでしょうが、

それだけに従うと、人生から彩りが失われます。

 

ですから、新しい本、

新しい音楽、新しいビジネス、

新しいお店、新しい仲間、、、、

いつまでも、新しい何かと接して、

新たな彩りを人生に加えるようにしたいと

願っています。

 

そんな観点で、今応援しているバンドが、

「ONE OK ROCK」です。

 

世界中で絶賛されているバンドなのに、

日本のメディアではあまり取り上げられません。

 

そこには、美しいと思えた汚い光に

騙された過去があります。

 

そんなボーカルTakaが抱えた

色んな苦悩から放たれる言葉と

天が与えた美しい声に、

私は力をもらっています。

 

そして今も、

彼らの「欲望に満ちた青年団」を聴きながら、

自分自身を見つめています。

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: