■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


パナソニック 2年連続の巨額赤字

2012年11月01日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

 

パナソニックは、

パナソニックは、
2013年3月期の連結最終損益(米国会計基準)を
7650億円の赤字に下方修正しました。

従来予想は500億円の黒字でしたが、
デジタル製品の販売が低迷、
不振事業の構造改革費用を積み増したほか、
繰延税金資産を取り崩すことで
一転して赤字に転落したのです。

過去最大の損失を計上した
前年同期の7721億円に次ぐ、
過去2番目の巨額赤字となります。

1株10円としていた年間配当も見送り。
無配転落は1950年以来、63年ぶりとなります。

私は、電通において約5年間、
パナソニックを担当させて頂きました。

当時は、広告に浜崎あゆみさんを大々的に起用し、
黒物家電(AV機器等)を中心に
テレビCM等に巨額の広告費を投下して頂きました。

私は20代前半という若さで、
パナソニックの広告費数十億円を預かり、
テレビ局へ発注をしていたのです。

ですから私は、社会人としての基礎を、
パナソニックに築いて頂いたと考えています。
学生気分で、茶髪で生意気な私を
真面目な大人に更生してくれたのも、
パナソニックの皆様です。笑

担当させて頂いていた当時、
パナソニックの新たな時代を
象徴する言葉として生まれたスローガンが、

「Panasonic ideas for life」

でした。

私は自宅の家電をすべてパナソニック製品に買い替え、
公私ともに、パナソニックさんを応援していたのです。

あれから5年。

まさかここまで、
危機的状況に陥るとは思っていませんでした。

でも、パナソニックさんの転落こそが、
本格的な時代の変革を示唆していると考えます。

私が、無料レポート

『大手広告代理店の崩壊と個人アフィリエイトの繁栄』

でお伝えしたかったことは、
「大企業の死」と「個人の時代の到来」です。

パナソニックさんのような大企業は、
残念ながら、崩壊に向かうのです。

そして、その代わりに、個人が稼ぐのです。

アメリカでは、過去20年間の所得増加の9割を、
上位1%の個人が手にしました。

これから日本で起こることは、
こういうことなのです。

時代の変革期に、
絶対に乗り遅れないようにしましょう。

その為の武器を、ここで手に入れるのです。

私が7週間で月収237万円という成果を出した「与沢塾」、

あと7日で募集終了となります。

私が7週間で月収237万円を達成した与沢塾


藤沢涼

 


社長ブログランキングへ

 

無料お薦め

 

有料

 

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: