■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


新幹線清掃、日本が誇る「7分間の奇跡」

2017年08月09日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 


「電車」や「新幹線」が大好きな息子と一緒に

東京駅のホームにいると、新幹線の掃除業務を

請け負うJR東日本テクノハート(TESSEI)の方々が、

笑顔で一生懸命お仕事されている姿を拝見します。

 

実は、彼らの素晴らしい仕事ぶりは、

ハーバードビジネススクールの

ケーススタディとして取り上げられ、

2016年秋から必須科目になっています。

 

やる気のなかった

「きつい・汚い・危険」の「3K職場」を、

やる気溢れる職場に変えたリーダーシップを、

世界最高峰の場が、学んでいるのです。

 

掃除のお仕事は、ずっとバカにされていました。

 

「勉強しないと、あんな風になるのよ」

 

ホームで若い母親が子供に言っているのを

従業員が聞いてしまったり、

清掃の仕事をしていることが恥ずかしくて

親戚に隠している人もいたそうです。

 

そのような中、2005年に異動してきた

矢部輝夫氏は、様々な改革をしました。

 

「私達は、世界最高の技術を誇る

 JR東日本の新幹線を、

 清掃という面でメンテナンスする

 プロフェッショナルなんだ!」

 

このように声を掛け、

少しずつ意識改革をした上で、

 

・休憩所にエアコンを設置

 

・制服を掃除服から一新。 

 アロハシャツや浴衣、帽子に花など、

 お客様にも愛される姿に。

・ちりとりやバケツを見えないようにして、

 お客様の旅行気分を台無しにしない。

 

・ホームを走り回る子供を注意する時、

 ポストカードをプレゼントするなど

 緩衝グッズを作る。

 

このような施策を、積極的に行いました。

 

すると、あまりに変化していく職場環境に、

ついていけず辞める人も出てきたようです。

 

しかしながら、10人に1人、

リーダーが育てば良いという意識で、

社員の声に真剣に向き合い、

それぞれの自主性を引き出したのです。

 

また、仲間を褒め合う文化を作り、

地味でも頑張っている人を報告してもらい、

表彰や賞金を与える「エンジェルリポート」を設け、

お互いを高め合う環境も作り出しました。

 

それらの施策の結果、2012年にはCNN

 

7 minutes miracle

 

と称賛した通り、たったの7分間で、

ゴミを集め、座席の向きを進行方向に戻し、

テーブルを拭いて、座席カバーを交換するなど、

奇跡のように美しくするチームになったのです。

 

確かに、妻と新婚旅行で行った

フランスで乗ったTGVは決して綺麗ではなく、

日本の新幹線の素晴らしさを感じました。

 

今回、息子と喜びを共有する中で、

また1つ、素敵なことに気付かせてもらいました。

 

 

 

私が関わるチーム作りにおいても、

TESSEIからのこの学びを活かしたいと思います^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: