■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「最高」と「最低」のシナリオを描く

2016年01月22日

※激戦の社長ランキングの中で、

 藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

tsubasa0122

 

新たな挑戦をする際、「最高」と「最低」、

両方の仮説を立てるべきだと考えています。

 

例えば、投資の世界では、最低の仮説を考え、

それに対応する準備をしておかなければ、

数百万円、数千万円という多額のお金を

一瞬にして失うケースがあります。

 

どこまでリスクがとれるかと言う

「一線」を用意しておかなければ、

冷静に損切りすることが

できなくなってしまうのです。

 

「最高」の仮説しか用意していないことで、

想定していなかった現実に混乱し、

「こんなはずは無い、、、」

と損失が膨らんで、後戻りできない程の

致命傷を負うということです。

 

年始からの波乱の株式相場でも、

大きな損害を被った方が

多くいらっしゃるようです。

 

今後、

そのような失敗を繰り返さないためにも、

「最高」の仮説だけを信じるのではなく、

「最低」の仮説も同時に描き、

事前に対応策を考えて頂きたいと思います。

 

ビジネスにおいても、全く同じです。

 

損失が出る場合の仮説を立てて、

どこまで損失を負うことができるかを

事前に決めておくことです。

 

このことは、

セブンイレブンの鈴木敏文氏も

 

「損の限度額を決めておけば、

 いくらでも、色んなことを試せる」

 

と表現されています。

 

 

また、

日本マクドナルド創業者の藤田田氏も、

 

「ベンチャーをやるなら、

 全財産の3分の1を使ってチャレンジせよ。

 そうすれば、3回失敗できる」

 

と語っていらっしゃいますね。

 

ただ、思考の力は大きいので、

あまり「最低」を考え過ぎると

本当にその流れに導かれてしまうことは

ご注意頂きたいと思います。

 

ですから、

「最低」と「最高」のシナリオを描いた上で、

実際に動く時には

「最高」のシナリオにフォーカスし、

全力で実践していくというのが

正しい処方箋だと言えるでしょう。

 

インターネットを活用すれば、

ビジネスのリスクは限りなくゼロに近付きます。

 

つまり、「最低」も、

リアルビジネスに比べると

全く恐れることはありません。

 

リスクを小さく、

限りなく小さくしてくれた現代文明に

心から感謝しながら、

「最高」のシナリオに向かって

果敢にチャレンジしたいですね。

 

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: