■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「PGA破綻」で資産を失った方へ

2020年10月27日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

投資系ネットワークビジネスの

PGA・ジュビリエース・ジェンコが、

一気に出金停止となっているようです。

 

現時点で、「完全破綻」とは言い切れませんが、

今後、出金再開の可能性は限りなく低いでしょう。

 

私のもとには、この半年位、

特に、PGAの営業メッセージが多く来ました。

 

100件を超えるくらいです。

 

それに対して、私は無視すること無く、

 

「ご提案ありがとうございます。

 

 しかしながら、

 

 “月利10%〜20%が確定”

 

 なんて話、絶対にありませんよ」

 

と注意喚起していました。

 

それをしっかり受け取った方の中には、

 

「藤沢さんは、意外と視野が狭いんですね」

 

という変な方もいましたが、

 

「藤沢さんのアドバイスに従って、

 私もやめることにしました!」

 

という素直な方もいらっしゃり、

その方々は今、

 

「あの時、目を覚ましてくれて、

 本当にありがとうございます!」

 

などと、とても感謝してくださっています。

 

一方で、数百万円を託してしまい、

取り戻せなくなっている方は、

今現在絶望されていて、本当にお気の毒です。

 

さらに、周囲の方を巻き込んでしまっているので、

 

「もう人生が終わった」

 

という方もいらっしゃいます。

 

しかしながら、

 

「もっと私の言葉に耳を傾けて欲しかった」

 

というのが、私の本音です。

 

ずっと利益が確定なんて夢のような話、

損をしない投資なんて、有り得ません。

 

世界No.1の投資家である

ウォーレン・バフェットでさえ、

年間で「100%以上」の利益を出す年もあれば、

年間で「50%」近い損失の年もあります。

 

それらの積み重ねで、

「平均年利20%」を複利運用したことで、

1965年に仮に100万円でスタートした資産を、

50年の月日を経て、250億円を超える資産にまで

膨らませる実績を作ったのです。

 

それでも、5月には、

 

「バフェットが“5兆円”の損失を計上した」

 

と報道されたばかりです。

 

損失を受け入れながら、

利益を最大化していく。

 

この姿勢を貫かなければ、

投資での成功はありません。

 

さて、私はFXで昨夜、

 

・ロングエントリーで「121,200円」

 

 

を確定し、この記事を書く直前にも、

 

・ショートエントリーで「170,400円」

 

 

の利益を確定したばかりです。

 

投資の先輩方や仲間達のおかげで、こうして、

相場を高確率で読めるようになりました。

 

もちろん、私も損失を出すことはあります。

 

それでも、損失を超える利益を長期的に出すことで、

複利で、資産を膨らませている最中です。

 

誰かの嘘に託して騙され、

資産をすべて失ってしまうのではなく、

自分で小さい損失を計上しながら、

大きな利益を狙っていきましょう。

 

そこに必ず成長があり、その先に、

大きな資産を構築することができます。

 

追伸;

 

本日の掲載写真は、スタンプラリーで

我孫子駅まで遠出してご満悦の息子と、

昨日と本日でFX利益「291,600円」の

証拠画像です^^

 

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆藤沢涼の2021年「年収1,000万円以上」プロジェクト

 

2021年に「年収1,000万円以上」を達成し、

人生を大きく変えたいのであれば、

こちらから、私のLINEにご申請の上で、

「お名前」と「2021年1000万円」という

メッセージをお送りください。

 

http://fujisawa-ryo.com/smart_b

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: