■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2023年2月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


円安を半値戻し「ドル円」展望

2023年01月19日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

社長ブログランキングへ 

 

2021年1月に「102円」だったドル円は、

約2年の急騰で「152円」になり、そして、

3ヶ月の急落で、「127円」になりました。

 

これはつまり、「50円」の円安を、

たったの3ヶ月で「25円」半値戻し。

美しく、50%で止まった状況です。

 

 

この強く意識されるラインで、

急な円高は止まり、改めて、

円安に向かいそうな局面に

なっていると言えます。

 

サイクル理論でカウントしても、

エリオット波動で分析しても、

反発していく可能性が高いでしょう。

 

もちろん、ここを破っていく円高も

十分に可能性がありますが、しばらくは、

また円安に進む意識を持って、

相場を見るべきだと感じます。

 

さて、昨年の9月、10月、

ドル円が140円、150円となった時、

 

「円は終わりだ!紙クズになる!

 急いで、ドルを買え!」

 

という情報が、大量に出回りました。

 

しかし、その時に私は、

ドルを売っていました。

 

当時にドルをたくさん買った方は、

損失が膨らんで、今頃、

ドルを投げ売りしているかもしれません。

 

ところが、今度はそろそろ、

またドルを買い直すべきタイミングだと

考えています。

 

こうして、

大衆とは逆の見方をするのが、

勝ち続けるトレーダーに要求される

重要なスキルです。

 

一方で、しばらくの円安が終わった後、

今度は、どの程度の円高が来るのか?

 

私は、「115円」も視野に入れた

分析をしています。

 

もしそうなったら、また、

ドルを大量に買うチャンス。

 

そうならなかったら、

これまで買ったドルで資産拡大。

 

相場を分析しながら、

FXや株で資産形成する日々は、

とても楽しいです。

 

実際に、今日のトレードの含み益も、

70pips・36万円を超えてきました!

 

 

ありがたやー!笑

 

そうそう、娘にも、

 

「大衆の逆を、いつも意識してね!」

 

と教育し続けたら、滑り台を

逆に滑ってしまう子に育ちました^^

 


 

 

 

 ※本日の藤沢涼の記事が

  少しでも有益だと感じて頂けたら、

  こちらのブログランキングに

  ご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼


 

あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、

特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

 

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: