■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


日給「100万円」突破!but、デモ!笑

2020年02月20日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

為替相場をご覧になっている方は、

昨日の急な円安進行に、

驚いていらっしゃると思います。

 

私も、ある程度は予想していたものの、

あまりに急な動きに、大変驚きました。

 

「ある程度」というのは、

自分の分析においては、この途中で上げ止まり、

下げていく可能性が高いと考えていたのです。

 

エリオット、フィボナッチ、サイクルなど、

これまで学んできた理論での、総合的な分析です。

 

ただ、ドル円において、

 

「ここを上抜けしたら、

 急騰していく可能性があるな」

 

と思っていたので、「デモ」では、

その可能性に賭けてみて、昨日の22時半に

 

「110.59」

 

で、ロングエントリーしていました。

 

すると、見事に、

最大で約「100pips」の含み益となり、

現在も、約「80pips」の含み益で推移しています。

 

 

「100ロット」での勝負でしたから、

最大の日給は、「100万円」です。

 

最高値からやや下げた現在、

もし、利確すると仮定すれば、

日給は約「80万円」になります。

 

「これが、リアルトレードだったらなあ・・・」

 

と思いますが、リアルではなくデモにした

自分の判断ミスですから、致し方無しです。

 

ただ、FXにチャレンジしたことが無い方に

改めてお伝えしたいのは、こうして、

「デモ」を使うことができるのが、

FXの大きな「利点」だということです。

 

最初からリアルマネーだと、

失う怖さでエントリーに躊躇すると思います。

 

実際に、操作ミスにより、

損失を出してしまう方もいらっしゃいます。

 

ところが、デモトレードであれば、

いくらでも失敗ができます。

 

そして、その中で成功体験を積むことで、

リアルでも、果敢にチャレンジすることが

できるようになっていくのです。

 

3月末の「無料合宿」では、

初心者の方には「デモ」でトレードしていただき、

「成功体験」を積んでいただきたいと思っています。

 

そうして、「勝つことができる」体感ができて、

初めて、自分の大切なお金を投じられます。

 

「合宿なんて、私はついていけないだろうなあ」

 

と思っている方にこそ、

参加していただきたいチャンスです。

 

是非、今回の「無料」の機会を活かしてくださいね。

 

<FX「無料」合宿>

 

◆2020年3/27(金)20時〜3/28(土)18時 @ 五反田

 

お申し込みはこちらから!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

http://fujisawa-ryo.com/keis_b

 

 

追伸;

 

素敵な方との出会いがあり、

お会いするために、珍しく池袋に来ています。

 

 

有意義な打ち合わせを終えた後、

散策しているのですが、

電源・Wi-Fi完備のカフェもたくさんあり、

私のようにオフィスを持たないスタイルでも、

十分に仕事ができると感じました。

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、

現在は「1億円」以上の資産構築に成功したkeiさんと

共同で開催したセミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

http://fujisawa-ryo.com/rp_b

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: