■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


人生は、一つの出会いで変わる

2016年05月23日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

tsubasa0523

 

妻が娘のお世話をしている間は、

私が息子に絵本を読み聞かせることが

多くなっています。

 

私が読みながら感動する絵本も多く、

その中でも最近、私と息子が大好きなのが、

「くれよんのくろくん」です。

 

人気の絵本なので、育児経験のある方には

ご存知の方も多いと思います。

 

新品のクレヨン達が、

真っ白い画用紙を見付けて、それぞれの色で、

鮮やかな絵を描いていくのです。

 

黄色は蝶、赤やピンクはお花、

緑は葉っぱ、青は空、茶色は土、、、

 

素敵な絵が完成していく中、

黒いクレヨンは寂しそうにしています。

 

自分も何かを描きたいと願って、

画用紙に近付こうとすると、

他のクレヨン達に煙たがられるのです。

 

「せっかくの綺麗な絵を、

 黒で台無しにされたくないんだ」

 

そう言われ、他のクレヨン全員から、

仲間外れにされてしまうのですね。

 

しかし、自分の色をたくさん描きたい

わがままなクレヨン達は、やがて、

お互いの絵の上に色を塗ってしまい、

綺麗だった絵がグチャグチャになってしまいます。

 

そんな様子を見ていたシャープペンのお兄さんが、

黒いクレヨンに、絵をすべて塗り潰すように言います。

 

他のクレヨン達はとても慌てますが、

塗り潰された絵をシャープペンが削ると、

そこには大きな夜空に鮮やかな花火が

浮かんでいました。

 

黒をバカにしていたクレヨン達は、

自分には無い黒の凄さを知って、

黒のクレヨンにお詫びをした上で、

仲間として迎え入れるというお話です。

 

このお話を読んで、私自身も、

黒のクレヨンだったことに気付かされます。

 

起業前までは、社会の中で孤立して、

何の価値も与えられていない歯車であると

悔しい気持ちを持っていました。

 

しかし、黒のクレヨンがシャープペンとの出会いで

人生を大きく変えていったように、

私も、人との出会いをきっかけにして、

自分の存在意義を知り、社会の中で

価値を生み出せるようになったのです。

 

私がお会いする成功者の皆さんも、誰もが、

 

「一つの出会いで人生が変わった」

 

とおっしゃいます。

 

人生が変わるのは一瞬であり、

たった一つの出会いが、

人生を鮮やかに彩っていくのですね。

 

あなたがもし、

仲間外れの黒のクレヨンのように感じているなら、

どこかにいるシャープペンとの出会いを信じて、

一つ一つの出会いを大切にしてください。

 

一番の損失は、目の前のシャープペンの存在に

気付かないことです。

 

私自身も、このような出会いでしか、

人生は変わらないと考えています。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: