■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2024年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


妻との出逢い~電車男の告白~

2024年01月26日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

社長ブログランキングへ 

 

 

私が起業してから12年もの間、

毎日、記事更新できたのは、

妻との出逢いを告白し、

それをたくさんの方に、

喜んでいただけたからです。

 

この12年の間、何度も、

この話を書き綴ってきました。

 

しかしながら、最近、

繋がってくださった方は、

ご存知無いかもしれないので、

引退が明後日に迫る中で、

一部を修正して引用し、

お届けします。

 

——

 

私は電車男です。

 

妻との出会いは、

駅のホームで一目惚れし、

電車の中で声を掛けたところから

始まります。

 

それは、19年前のことです。

 

私は、友人と共に、

親友の結婚式に行く途中でした。

 

代々木上原駅のホームで

友人達と待ち合わせをしている時、

ドレスアップをした

私のタイプの女性を見付けました。

 

私は、心をぐっと引き寄せられました。

 

そして、居ても立っても

居られなくなったのです。

 

友人達に、

 

「俺、行ってくる!」

 

と言い残し、

唖然とする彼らを振り切って

声を掛けたのです。

 

「お友達になっていただけませんか?」

 

と。

 

無視されました。

 

完全な無視です。

 

でも、私は諦められなかった。

 

どうしても、どうしても、

もっと話をするチャンスが

欲しかったのです。

 

彼女は、当時勤めていた会社の

同僚の結婚式に向かう途中でした。

 

お互い、結婚式に参加する為、

ドレスアップをしていたのです。

 

同僚へのメールを

済ませた彼女の手には、

携帯電話がありました。

 

私は、次の駅で降りなければいけない。

 

そこで、失礼を承知で、

嫌われても構わないので、

携帯電話をお借りしました。

 

適切な言葉を選ぶと、

「取り上げた」と言う方が

相応しいかもしれません。

 

そして、連絡先を

赤外線で転送したのです。

 

彼女は、信じられないという

表情をしていました。

 

でも、私にとっては、

一期一会のチャンスを

絶対に逃せないと、

本能で行動してしまったのです。

 

「本当に失礼なことをしてしまいました。

 でも、このチャンスを

 絶対に逃したくなかったので・・・。

 ご連絡させていただきますね」

 

そう言い残して、別れました。

 

これが、妻との最初の出逢いです。

 

軽い男だと思われるかもしれませんが、

私にとっては、彼女こそが運命の人だと

心の中で直感していたのです。

 

そこから、また色んなドラマがあったのですが・・・

 

どうして付き合い、

結婚に至ったのか、またいつか、

お話させていただきますね^^

 

——

 

このシリーズが大反響で、

私は、写真と文章を届ける喜びを覚え、

今日まで、書き綴ることができました。

 

この記事には、妻との初期の

デート写真を合わせました。

 

 

やはり、妻の存在が、

私の全てだと感じる、

引退前々夜です。

 

 

 ※本日の藤沢涼の記事が

  少しでも有益だと感じて頂けたら、

  こちらのブログランキングに

  ご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼


 

あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、

特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

 

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

  • by 木村敬子

    奥さまと素晴らしい出会いでした
    ずーとお幸せがつずいていらっしゃいますのは先生が素晴らしいお方でいらっしゃいます証拠です
    羨ましい事です 夫は16年前に亡くなりました 

    28 1月, 2024 6:18 PM




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: