■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


私の同志へのX`masプレゼント

2012年12月25日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

本日はX`mas。

世界中の方達が、
プレゼントの交換をしているでしょう。

私も、妻と、息子に、
ささやかなプレゼントをしました。

プレゼントを受け取った時の笑顔。

これは最高のお返しですね。

プレゼントをした方が、
幸せになります^^

ですから、私の同志にも、
この場をお借りしてプレゼントを
させて頂きたいと思います。

私を信じて「与沢塾」にご入塾された、
【岡ゆき】さんをご紹介させて頂きたいのです。

 


彼女は、子供を育てる主婦なのですが、
“絶対に成功したい”と、
「与沢塾」を選びました。

そして、まだ1ヶ月も経っていないのに、
大きな成果を出されています。

その中でも、特に凄いのは、
ブログランキング。

アフィリエイターの競合が多い
「社長ブログランキング」を
お勧めしたのですが、
まさか、ここまでランクアップするとは・・・。

岡ゆきさんのブログはこちら
※ランキングボタンをクリックしてみて下さい!

私が抜かれるのも、
時間の問題かもしれません。。

師匠の面子を保つ為にも、
私も頑張らなくては!笑

さて、サポートメンバーは
20名いらっしゃるのですが、
何故彼女だけをご紹介させて頂くのか。

その理由は、

「私のことを徹底的に
ご紹介して下さったから」です。

彼女のFacebookをご覧下さい。

岡ゆきさんのFacebookはこちら

まるで私のFacebookかのように、
私の記事をシェアして下さっています。

もちろん、「いいね!」や「コメント」も、
ほとんどすべての記事にして下さっているのです。

こんなにして頂いたら、
放っておく訳にはいきません。

「返報性の法則」で、
人は与えられたら、与え返すのです。

「与えよ さらば与えられん」

ということですね。

彼女は、これから確実に、
子育て主婦の憧れの的となるでしょう。

社長ブログランキングで
このレベルに行くのには、
私は3ヶ月掛かりましたから。

天才です。

これから、彼女のような
「主婦の成功者」が
たくさん出て来て欲しいと思います。

ところで、彼女は、何故こんなに早く
ランキングを上げることが出来たのか。

彼女の自己紹介の中に、
答えが見付かると思います。

是非、ご一読下さいね^^

ーーーーーーーーーーーーー

岡ゆきと申します。

藤沢涼さんに、
このような機会を与えて頂き、
本当に恐縮しています。

拙い自己紹介ですが、
読んで頂けると嬉しいです。

私は、34歳、2歳の男の子の母、
専業主婦です。

藤沢涼さんのご紹介で与沢塾に入塾し、
はや一ヶ月。

少しずつですが、
着実に成果が出始めています。

日々壁にぶつかりながらも、
藤沢さんや、サポートグループのメンバー、
ブログの読者のみなさん、
FACEBOOKでいつも応援コメントをくれる方々
などに励まされ、前に進むことができています。

私は今、
「がけっぷち岡ゆきの子持ち専業主婦でも稼げる!」
というブログを運営していますが、
この「がけっぷち」という言葉は
今の私の状況そのものなんです。

なぜなら、
これが人生最後の挑戦と決めたからです。

これで成功できなかったら、
私はもう二度と

「もっといい方法があるんじゃないか」

と思わない。

自分の人生すべてを受け入れ、
不平不満を言わず生きていく、
と決めたからです。

今の私にとって、
前に進むのをやめたとき、

「この先死ぬまで理想の姿になることを諦める」

という意味を持っています。

タイトルを考える時、
無意識に出てきた「がけっぷち」ですが、
今考えてみるとその思いが、
「がけっぷち」という言葉に
集約されていたのかもしれませんね。

私の家庭は貧しく、
常にお金がないと聞かされ、
不平不満に溢れていました。

お金がないことでいつも悲しい思いをし、
家庭には不幸な空気が漂っていました。

「私がお金をたくさん稼げさえすれば、
家族みんな幸せになれるはずだ」

「私は幸せな気持ちで生きたい」

と思い、幼いころから
自分なりに努力してきました。

しかし特に成果もでず、
就職もうまくいかず。

社会人になってからも、
色々なことに手を出しては辞め
の繰り返しをしていました。

しかし、変わりたいのに
何も変わらない自分に不満はつのり、
つい数か月前、とうとう絶望しました。

「私はもう一生、
幸せになることもできず、
不満を抱えたまま死んでいくのか・・・。」と。

そんな時、与沢塾を知り、
疑心暗鬼で色々な情報を集めながらも、
最終的に

「この方法しかない。
これで成功できなかったら、
もうおしまいにしよう。」

と思い、入塾を決めたのです。

しかし、強い決意を持って入塾したものの、
実際に始めると、

・私には、特別なノウハウも
経験も技術もない。

・(塾開始当初は)私は今、
不幸のどんぞこ。
あるのは「もう後がない。
この方法で成功するんだ。」
という気持ちだけ。
しかし、その気持ちすら不安定で、
「すぐ諦めてしまうんじゃないか?」
という自分への疑いのほうが強かった。

・子供に時間が取られ、
思うように作業が進まなくて、
更にイライラ。
それが悪循環を生み、
余計に子供がまとわりついて
くるようになってしまった。

・旦那には成果が出てから
話そうと内緒にしていたら、
日に日に関係が悪化した。
あることがきっかけでケンカになり、
誤解が誤解を呼び、さらにこじれ、
子供にまで大きなショックを与えてしまった。

・「家族みんなが幸せ」
になるために始めたことなのに、
私が頑張れば頑張るほど、
実際の生活はそれとは真逆の方向に
進んでいってしまう現実。

・他のメンバーの成功を聞くと、
できていない自分と比較してしまい、
「やっぱり私は駄目なのかも」
と思って落ち込む。

という現実が待っていました。

しかし壁にぶつかる度に、

「ここであきらめるということは、
もう一生成功しないという
決定をすることだけど、
それでいいの?」

と自分に問いかけながら、

「いや、まだまだ!」

と気を取り直し、ここまで来ました。

壁を乗り越えるたびに、
どんどん自分が新しい自分に
変化していくのが感じられました。

向いているかどうかはさておき(笑)、
作業自体はとても楽しく、
私がまさにやりたかったことと
一致していると感じているので、
努力しているとは感じません。

好きなことを、
とことんやっているという感じです。

つい昨日、
旦那ともようやく和解しました。

偶然が重なって和解したんですが、
奇しくも出会って10年目の記念日でした。

なので、もう今の私に障害はありません!

私は今、以下のような理想をかかげています。

・今まで自分が、
ちょっとした考え方の間違いで、
同じ間違いを繰り返し、
抜け出せなかった経験を語ることで、
同じ状況で悩んでいる方の役に立ちたい。

・悩みながらも前に進んでいる、
今の自分の経験を語ることで、
同じような状況の方を励ましたい。

・具体的な技術、ノウハウ、経験、
過去の実績がない人でも、
成功できることを証明したい。

・子育てをしている主婦でも、
成功できることを証明したい
(与沢塾1期では
主婦の成功者を見かけなかったので)。

・フリーエージェントは、
自己実現することが売り上げにつながる
最高の仕事だ、ということを証明したい。

なぜなら、

「他人を幸せにすることは、
自分だけの幸せとは、質が全く異なる」

ということを体感したからです。

他人を幸せにするということは、
何物にも代えられない、
大きな感動と喜びを感じられる
ということが、心から分かったからです。

私の好きな言葉に、

「半ばは自分の幸せを、半ばは他人の幸せを」

という言葉があります。

自分の幸せも追及しつつ、
他人も幸せにできたら、
生きていてこれほど嬉しいことはない
と思ってます。

私が生きる目的はそこにある、
と強く信じています。

これからも多くの皆さまと関わり、
一緒に、成功に向かって
走っていきたと思いますので、
何卒宜しくお願い申し上げます。

・11月29日から本腰を入れて
ブログをはじめ、現在読者数327名。
※開始当初は8人程度。

・ブログランキングは、
アフィリエイト会の重鎮がトップ10を占める
「社長ブログランキング」で14位まで上昇。
※開始当初は300位くらい

ブログ:「がけっぷち岡ゆきの子持ち専業主婦でも稼げる!」

⇒ 岡ゆきさんのブログはこちら

ツイッター:岡ゆき@kanaeyou1234
(現在つぶやきストップしていますが、今後再開予定です)

FACEBOOK:

⇒ 岡ゆきさんのFacebookはこちら

お友達受付中です!
ぜひお友達になりましょう(^o^)

ーーーーーーーーーーーーー

岡ゆきさん、メリークリスマス!

私のFacebookを
たくさん盛り上げて下さった御礼に、
ささやかながら、こうして皆さんに
ご紹介させて頂きました。

これからも精一杯サポートしますから、
「与沢塾」で成功を掴みましょうね☆

 

藤沢涼


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: