■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「我慢」を止めて子供になろう

2013年06月30日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

0629

あなたは今、
「我慢」していませんか?

先が見えない日本経済。

右肩上がりの成長を
前提としたモデルは破綻して、
先人のマネをすれば
生きていける時代は終わりました。

多くの人は、
不安の塊の中で、
我慢し続けていると思います。

しかし、「我慢」は、
何も産み出しません。

これからは、
「我慢」をしない、
創造性の高い価値提供に
富が集まるのです。

「創造性」とは、
平均的な発想から逸脱することです。

周りの空気を読んで、
自分の本当の気持ちを押し殺し、
「我慢」しているようではいけません。

そんな人達は、
これからの時代、
完全に置いていかれて
しまうでしょう。

誰が何と言おうと、
自分の好きなことを
ひたすらに貫き、
実行していく子供のような人が、
「勝つ」時代なのです。

実際に飛び抜けた
実績を出す方は、
ほとんど、子供のような方です。

孫正義氏が新製品発表会で
プレゼンしている姿は、
自慢している子供のようですね。

堀江貴史氏が、フジテレビ買収や
プロ野球、政治への進出等で
世間を騒がせたのも、
大人ならではの「節操を貫く」
精神があれば、出来ない事でしょう。

好きなことを辞められない。

走り出したら止まらない。

そんな子供が、
時代に変革を起こし、
飛び抜けた成果を出すのです。

ビル・ゲイツも、
スティーブ・ジョブスも、
そうでしょう。

彼らは、誰かに何かを
やらされている訳ではありません。

自分が好きなことが
どうしても止められなくて、
好きなことに没頭し続けられたから、
枠にはまらないアイデアを
産み出すことが出来たのです。

私の課題は、
12年の会社員生活で
「大人」を強いられ、
大人に染まってしまった部分が
あることです。

だからこそ、
子供に戻り、「我慢」を止めて、
まずは飛び出しました。

「大人」だったら
取らない選択肢だと思います。

そしてこれからも、
徹底的に子供になってやろうと
企んでいます。笑

 

【無料】月収300万円メール講座(全30回)

⇒ http://bit.ly/13MImVc

 

藤沢涼


社長ブログランキングへ

 

無料お薦め

 

有料

 


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: