■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


ビジネスにおける「見切り」の判断基準

2014年05月28日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

 

yakiniku

 

投資においては「損切り」が大切ですが、

ビジネスにおける「見切り」は

どう判断すべきでしょうか。

 

スポーツなどの勝負であれば、

どんな場面でも見切るべきでは

ないでしょう。

 

負けが確定しているような状況でも、

最後まで諦めずに攻め続けることで、

得られる物が必ずあります。

 

一方、ギャンブルなどでは、

負けを挽回しようとすることが

冷静な判断を欠き、

どんどん泥沼にはまってしまうので、

早々に見切るべきですね。

 

スポーツとギャンブル。

このどちらの要素も持っているのが、

ビジネスです。

 

ですから、

目の前のビジネスに対峙し、

全体の状況をしっかり観察して

判断すべきです。

 

リスクを見極め、

リターンが大きいならば

スポーツのように

果敢に攻めるべきですし、

ロスが大きいならば、

ギャンブルのように

早期に撤退するべき、

ということですね。

 

なお、見切る場合、

決して「逃げ」るような

後ろ向きな判断で

行ってはいけません。

 

それは、「負け」でも、

「失敗」でも無いのです。

 

人生を前に進める為の、

的確な軌道修正なのです。

 

希望的観測を捨てて、

客観的な姿勢で

冷静な判断を下すことが

とても大切です。

 

私が会社員という働き方を見切り、

起業家として戦うことにした時も、

 

「起業したら、バラ色の未来が・・・」

 

なんて、希望的観測で

判断した訳ではありません。

 

あらゆるリスクを勘案した上で、

今のタイミングで挑戦すべきだと

冷静に結論付けたのです。

 

「見切り」は、

「終わり」ではなく、

「始まり」。

 

「見切る」作業で

人生における無駄を削ぎ落とし、

等身大の自分を

見出だしていきたいですね。

 

 

藤沢涼

 

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

 

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料

 


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: