■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


元電通マンの告白5~超縦社会~

2013年02月28日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

モルディブ3.3

 

電通は異常な程の縦社会です。

正確に言うと、縦社会「でした。」

2001年に上場をしてから、
急速にフラットな会社へ
生まれ変わって行きましたが、
元々の文化は、
軍隊のような会社です。

私が新入社員の頃は、
毎朝、誰よりも早く出社し、
部員全員のデスクに雑巾がけをして、
一日走り回って業務。

そして、
部員全員が帰るのを見送ってから、
消灯して、帰ることが
義務付けられていました。

また、お昼の弁当は、
15人分位をまとめて
買いに行くのですが、
それぞれの先輩の
当日の気分をヒアリングして、
魚屋、肉屋の弁当、
そして吉野家と松屋とマクドナルドと、
走り回って買って来るのです。

もし中身が崩れていたら、

「こんな汚い弁当食えるか!
買い直して来い!!」

と言われる始末。

悔し涙を流しながら、
汗だくのスーツと
ボロボロになった靴で
買い出しをする日々でした。

先輩のタバコは、
それぞれの銘柄を
買い溜めておいて、
要求されたら、さっと膝をついて
火を付ける。

スマートなサラリーマンを
想像していた私にとって、
この奴隷のような生活は
本当に苦しかったです。

しかし、今振り返ると、
このような奴隷のような教育が、
お客様の心を捉えたサービスに
繋がっている部分があります。

サービスとは、究極の奉仕。

それを体で覚える為に、
奴隷のように仕えることを、
新入社員に教え込むという、
軍隊的、ヤクザ的な教育でしたね。

これには良い部分もあると思いますが、
私自身はとても辛い思いをしたので、
後輩には同じようなことはしませんでした。

そして現在は、
このような文化は
ほとんど無くなっています。

藤沢涼


社長ブログランキングへ

 

無料お薦め

 

有料

 


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: