■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


おっぱい星人

2013年10月19日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

0831_4

妻と二人で泣いた話です。

—-

一人息子の翔は、
「おっぱい星人」です。

私のおっぱいが大好きで、
二人目の妊娠を
焦っていなかったのもあって、
翔の卒乳をだらだらと
引き延ばしていました。

一歳までにはやめさせるべきと、
おっぱいに怖い顔を描いて
怖がらせるママ友もいる中、
この子を可愛がるあまり、
そして、「求められている」という
母としての喜びもあって、
三歳を過ぎても、
おっぱいを与え続けていたのです。

お乳は出ていなくても、
口に含んで、おっぱいを握りながら
眠る息子が可愛くて、
いつまでも甘やかせていました。

あっという間に
小学校に入りましたが、
それでも、翔はおっぱいが無いと
眠れません。

外泊行事でいつも、
学校の先生を困らせる息子。

主人と相談して、
添い寝を止め、
「おっぱい星人」を
卒業してもらうことにしました。

そんなある日、
市の保健所から、
乳ガン検診の無料チケットが届きました。

「無料だから、一度受けてみよう。」

と、軽い気持ちで受診したら、
左のおっぱいに「腫瘍」が見つかりました。

息子が、良く触れる左のおっぱいに。

「ガンですね。。」

医師の言葉に、身体が震えました。

顔色を失くした私に、
医師は優しく続けました。

「大丈夫です。
適切な処置をすれば、
命は守れます。」

「ただ・・・・
乳房を残すか、切除するか、
決めて下さい。
切除した方が
生存率は高くなります。」
私は、その夜、
夫に打ち明けました。

しばらく絶句していた彼は、
私を抱きしめて、こう言いました。

「少しでも生存率が上がるなら、
切除を選ぼう。
おまえがいない生活なんか、
想像できない。。」

結婚してから十年。

一度も泣いたことが無い夫が、
大粒の涙を流しています。

「おまえの辛さも痛みも
変わってやることはできない。
でも、俺と翔のために、
出来るだけ長く生きて欲しい。
・・・頼む。」

そう言われて、
私も、「死にたくない。」
という思いが胸の奥から
噴出してきました。

翔から求められなくなる寂しさよりも、
乳房を守りたいという気持ちよりも、
手術の怖さよりも、
夫と息子の傍に出来るだけ長くいたい。

その想いの方が、勝ちました。

「ママ、おっぱいの中に
悪いバイキンが入っちゃったの。
おっぱい、取っても良い??」

息子はすぐに、首を横に振りました。

「やだ。ぜったいにやだ。
ママ、おっぱいすてたらだめだからね。」

夫は、手術前に夏休みを取って、
海とか、温泉とか、プールとか、
色んなところに連れて行ってくれました。

おっぱいが無くなる私を気遣って、
裸になる抵抗を持つ前に、
たくさんの思い出を作ろうと、
そういうところを選んでくれたのです。

そうしながらも、夫は翔に、
少しずつ病気のことを
説明していきました。

夏休み最後の旅行の朝、
夫と翔が「散歩に行く」とメモを残し、
いなくなっていました。

夫は、近くの神社に行って、
翔と一緒に、私の手術の成功を
神様にお祈りしてきてくれたのです。

時間を掛けて
病気のことを理解してくれた翔は、
神社から帰って来て、
私にこう言いました。

「かみさまに、いっぱいおねがいしたよ!
ぼく、おっぱいがなくなっても、
ままのことだいすきだからね。
ずっとずっと、だいすきだからね。」

翔の前では泣かない、
と決めていた私も、
我慢できず、大声をあげて泣きました。

「99のなみだ第二夜」(リンダブックス)より抜粋・引用

—-

翼が妻に甘える姿は
私にとって最高の光景です。

でも、この光景は永遠ではない。

だからこそ、
このかけがえのない瞬間を絶対に、
大切にしていきたいと思います。

そんな目の前の奇跡に、
気付かせてくれた
素敵なストーリーに感謝して、
皆様にもご紹介させて頂きます。

【Ryo’s Video】

・vol.1 「コミュニケーションデザイナーになろう」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2793

・vol.2 「電通SIPSの考察」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2802

 

【Ryo’s Voice】

・vol.1 「情報業界ってどうなの?」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2729

・vol.2 「就職はすべきかどうか?」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2767

 

藤沢涼


社長ブログランキングへ

 

無料お薦め

 

有料

 


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: