■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


妻への感謝を書き記す理由

2014年03月03日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

20140216_3 2 

昨日の「夫婦共同事業」記事に、

大変多くのご反響を頂きました。

ありがとうございます。

 

夫が妻への感謝を公言するのは、

男らしくないことかもしれません。

 

しかし、私にとっては、

このように書き記すことこそが、

大切だと思っているのです。

 

実は、妻は原因不明の高熱が続き、

先月から精密検査を繰り返しています。

 

「まだ若いから、

ガンじゃないと思うけど・・・。」

 

医師の言葉が、

不安をかき立てました。

 

血液検査を何度もして、

CT検査をして・・・。

 

国立病院で

全身を診てもらったのですが、

未だ、原因が分かっていません。

 

産後に免疫力が落ちただけ・・・

 

ということなら良いのですが、

全身を痙攣させるような

高熱が続くと、最悪のことを

想定してしまうのです。

 

そんな時、

頭に浮かぶのが、この詩です。

 

少し長くなりますが、

引用させて頂きますね。

 

ーーーーーーーー

 

「最後だとわかっていたなら」

 

作・ノーマ コーネット マレック

訳・佐川 睦

 

あなたが眠りにつくのを見るのが

最後だとわかっていたら

わたしは

もっとちゃんとカバーをかけて

神様にその魂を守ってくださるように

祈っただろう

 

あなたがドアを出て行くのを見るのが

最後だとわかっていたら

わたしは あなたを抱きしめて

キスをして

そしてまたもう一度呼び寄せて

抱きしめただろう

 

あなたが喜びに満ちた

声をあげるのを聞くのが

最後だとわかっていたら

わたしは

その一部始終をビデオにとって

毎日繰り返し見ただろう

 

あなたは言わなくても

分かってくれていたかもしれないけれど

最後だとわかっていたら

一言だけでもいい・・・

「あなたを愛してる」と

わたしは 伝えただろう

 

たしかにいつも明日はやってくる

でももしそれがわたしの勘違いで

今日で全てが終わるのだとしたら、

わたしは 今日

どんなにあなたを愛しているか

伝えたい

 

そして わたしたちは

忘れないようにしたい

 

若い人にも 年老いた人にも

明日は誰にも

約束されていないのだということを

愛する人を抱きしめられるのは

今日が最後になるかもしれないことを

 

明日が来るのを待っているなら

今日でもいいはず

もし明日が来ないとしたら

あなたは今日を後悔するだろうから

 

微笑みや 抱擁や キスをするための

ほんのちょっとの時間を

どうして惜しんだのかと

忙しさを理由に

その人の最後の願いと

なってしまったことを

どうして

してあげられなかったのかと

 

だから 今日

あなたの大切な人たちを

しっかりと抱きしめよう

そして その人を愛していること

いつでも いつまでも

大切な存在だということを

そっと伝えよう

 

「ごめんね」や「許してね」や

「ありがとう」や「気にしないで」を

伝える時を持とう そうすれば

もし明日が来ないとしても

あなたは今日を後悔しないだろうから

 

ーーーーーー

 

今、目の前にある幸せは、

決して永遠ではありません。

 

明日が来ない可能性もある。

 

だからこそ、精一杯の感謝を、

今日も伝えたいと思うのです。

 

いつも、本当にありがとう。

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

 

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料

 


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: