■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


立ち塞がるドリームキラー

2013年04月11日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

翼0406

私が電通を退社する時、
多くの人が反対しました。

「インターネットビジネスなんて、
どうなるか分からないじゃん。」

「電通という肩書きを失うのが
怖くないの?」

「10年後、20年後のことを考えて
判断しなよ。」

私は、辞めるにあたって、
誰にも相談しませんでした。

しかし、私が退社手続きを
進めているという噂が広がり、
その情報を聞いた先輩や同期達から、
上記のようなメールや電話を
受けたのです。

私は、人生の転機において
強く感じたことがあります。

それは、誰の為の人生か、
ということです。

私が、親戚や友人の為に
生きていくなら、
電通に勤めているということが、
社会的体裁が良いと判断し、
夢を諦め電通に残るという判断も
あったと思います。

でも、それは、
自分の人生を
誰かに委ねたことになります。

私は、誰かの評価の為に
生きていくのは、
もう終わりにしたのです。

私は、私の為に生きていく。

ただ、妻の意志だけは、
無視ができないと感じていました。

ですから、妻にだけは、
正直な気持ちを聞いたのです。

妻は、こう言いました。

「あなたの人生なんだから、
あなたが決めた道に
ついて行きます」

私の人生最大の決意を、
一番近くにいる妻は
一度も反対しませんでした。

そして、こう言ってくれた
妻がいたからこそ、
今の私があります。

一方、親族の中には、
大反対していて、
理解を得られていない人もいます。

彼らと和解するには、
時間が掛かるかもしれない。

それでも、この道は私の道。

誰にも邪魔されない、私の人生。

そんな思いで、自分の意志で
突き進むしかないのです。

何か大きな行動を起こす時、
どこかの誰かが
「ドリームキラー」となって
あなたの前に立ち塞がるでしょう。

でも、それに負けない
強い心を持たなければいけません。

誰の為の人生なのか、
しっかり考えましょう。

【無料】月収300万円メール講座(全30回)

http://bit.ly/13MImVc

藤沢涼


社長ブログランキングへ

 

無料お薦め

 

有料

 


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: