■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


『Dialog in the dark』~暗闇で感じる人の温もり~

2012年12月20日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

東京・外苑前にて長期開催している、
『Dialog in the dark』。

体感されたことありますか?

 

 

これは、
真っ暗闇のエンターテインメントです。

世界 30か国・約110都市で開催され、
現在までに約1,000万人が
体験しているイベントなのです。

参加者は
完全に光を遮断した空間の中へ、
グループを組んで入り、
暗闇のエキスパートである
アテンド(視覚障害者)のサポートのもと、
中を探検し、様々なシーンを体験します。

その過程で
視覚以外の様々な感覚の
可能性と心地良さに気づき、
そしてコミュニケーションの大切さ、
人のあたたかさを思い出すのです。

鳥のさえずり、
遠くのせせらぎ、
土の匂い、
森の体温、
水の質感。

足元の葉と葉のこすれる枯れた音、
その葉を踏みつぶす感触。

仲間の声、乾杯のグラスの音。

暗闇のあたたかさ。

視覚障害者の方のアテンドで
進んで行く暗黒の世界は、
想像以上の恐怖を感じ、
聴覚や臭覚を研ぎ澄ませざるを得ません。

日常では忘れている能力が覚醒され、
周囲の人への優しさ、思いやり、感謝などが、
今まで全く足りていなかったことを
痛感させられます。

私が『Dialog in the dark』に
参加したきっかけは、
茂木健一郎さんです。

電通で定期的に行われている
講演会に、茂木健一郎さんが
登壇されて、

「『Dialog in the dark』は
絶対に1度体感して欲しい」

と強くお薦めされたのです。

実際に体感させて頂き、
本当に素晴らしい経験になりました。

人間の成長は、
「非日常を体感すること」
によって形成されると思います。

ご興味を持たれた方は是非、
日常では絶対に味わえない感覚を、
体感しに行かれて下さい。

 

藤沢涼


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: