■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


電車男 第6話~大胆な行動~

2013年04月07日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

電車男

 

彼女となら、
歩み寄って、
同じ未来に向かって
歩んで行ける。

お互いの傷を癒して、
それぞれの人生を
高め合うことが出来る。

私は、そう確信しました。

そして、
一つの提案をしました。

「私のピアノ弾き語りを
聞いて頂けませんか?」

私と彼女が出会った日、
それは、私の親友の結婚式に
行く途中の事でした。

そして私は、
親友の結婚を祝福し、
私が作詞作曲した
ピアノ弾き語りの楽曲を
披露宴でプレゼントしたのです。

私にとって、
初めてのウェディングソング。

親友の為に、
1ヶ月掛けて創作したものでした。

私は、自分の親が
2回離婚してしまったので、
結婚に対して、完全には
前向きになれていなかったことも、
事実です。

でも、そんな葛藤の中で、
結婚とはこうあって欲しいという願いを、
親友への祝福の気持ちを精一杯込めて
創り上げた楽曲なのです。

この楽曲。

彼女なら、
私が込めた本当の思いを
理解してくれるのではないか。

そして、
この楽曲を聞いてもらうことで、
彼女との距離を、
ぐっと、近付けることが
出来るのではないか。

そう考えて、すぐにでも
聞いてもらいたいと考えたのです。

私は当時、
音楽家が集まる
マンションに住み、
ピアノを思いっ切り
弾ける環境がありました。

でも、それはつまり、
私の自宅に、最初のデートで
誘うということ。

彼女は、すぐに「YES」と
言わないことは、分かっていました。

そして案の定、
沈黙の時間が流れました・・・。

「あっ、そろそろ、
お腹がすきませんか?」

私は、その静けさを断ち切って、
話題を変えました。

気付けば3時間も、
カフェにいたのです。

焦りは禁物・・・。

そう考えて、
レストランに行き、
夕食を楽しむことにしました。

そして食後。。

彼女を自宅に送り届ける車の中で、
もう一度、切り出したのです・・・。

※親友に捧げた楽曲を、下記講座で
プレゼントさせて頂きます。

是非、ご登録下さいね☆

【無料】月収300万円メール講座(全30回)

http://bit.ly/13MImVc

<第1話>

http://on.fb.me/15JLluC

<第2話>

http://on.fb.me/15JLvCe

<第3話>

http://on.fb.me/10JwzoR

<第4話>

http://on.fb.me/YutOVk

<第5話>

http://on.fb.me/14U6zsc

 

藤沢涼


社長ブログランキングへ

 

無料お薦め

 

有料

 


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: