■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2018年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


丸岡いずみさん「代理母出産」に賛否両論

2018年01月23日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

丸岡いずみ(46歳)さんと有村昆(41歳)さん夫婦に、

ロシアの「代理母」出産で、第1子となる男の子が

誕生していたことが公表されました。

 

2人は、2012年の結婚後、

2度の流産や長期的な不妊治療を経て、

1000万円」の費用を掛けて、

代理母出産にチャレンジすることを

決意したそうです。

 

私達夫婦も、4年の不妊とされる期間を経験したので、

このようなニュースには、とても敏感です。

 

社会の様々な声を拝見すると、

 

「お金で命を買うのはどうか」

 

「生まれる子供の気持ちを考えているのか」

 

などと、否定的なものも多くあります。

 

2003年に、アメリカの代理母出産で

双子の男の子を授かった向井亜紀さんは、

子供達にもその事実を伝えてきたそうで、

 

「この生まれ方、同じ方法だよ。

 君達はアメリカで、

 この子はロシアで生まれたんだね。」

 

と話したそうです。

 

それに対して、子供達は

 

「うん、わかる。命がけだよね。」

 

と返答しているそうで、

親がしっかり向き合い話し続ければ、

子供達はそれを、真っ直ぐ受け入れるのだと感じました。

 

代理母出産は、人工授精や体外受精などとは

また大きく違います。

 

妻も、「自分のお腹で育てたい」という希望があり、

あの不妊だった時期でも、代理母出産には抵抗があった

と言っています。

 

ただ、もし、あのまま授かれなくて、

自分の体で産めないと宣告された場合は、

選択肢として検討することは理解できると言います。

 

私もそうです。

 

最初は、「医療の力を借りるのは、、、」

と抵抗を持っていましたが、

不妊が長期化した時は、

そんなことを言っていられなくなりました。

 

ただ、大企業での会社員生活に心身ともに限界を感じ、

すべてをリセットしようと退社を決めた直後、

自然妊娠で長男、そして長女と授かったのは、

本当に奇跡のようだと捉えています。

 

子供がますます「宝」になっている現代、

生まれる命をみんなで祝福できるような社会にしたいですね。

 

追伸;

 

昨夜から降り積もる雪で、雪だるまを作りました^^

 

 

 

雪が久しぶりの息子、初体験の娘、

2人とも大はしゃぎでしたー!!

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、
もうすぐ「1億円」を達成するkeiさんと開催した
セミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「仮想通貨」1ヶ月で資産50倍が狙える裏技

私は「ビットコイン」の値上がり益だけで
資産を「10倍」にすることができましたが、
これからは、この裏技でさらに資産拡大していきます。

http://fujisawa-ryo.com/kyohei_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b