■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


伝える技術~メラビアンの法則~

2012年12月22日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

 

弊社Free Agent Style Holdingsでは、
現在、プレゼン力の強化に努めています。

フリーエージェント社会を本格的に到来させる為、
伝えたいことをしっかり伝える技術を
身に付けているのです。

弊社では、毎日、
メールにて各種情報提供をさせて頂いておりますが、
最近は、セミナー等にお越し頂いて、
直接お話させて頂く機会も増やしております。

対面でのコミュニケーションにおいて、
大切なのは何だと思いますか?

アメリカの心理学者であるアルバート・メラビアンは、
下記の通りだと発表しています。

【1】見た目(視覚的要素) = 55%
【2】声(聴覚的要素) = 38%
【3】内容 = 7%

これを、『メラビアンの法則』と言います。

言葉などで伝わるのは7%しか無く、
見た目と声で93%が決まるということです。

この法則から学び、
我々はジェスチャーをトレーニングし、
発声練習をしております。

歴代のアメリカ大統領のスピーチを
思い浮かべて下さい。

強調したいポイントで手を上から下に振り下ろしたり、
拳を握って、その拳を前に突き出すなど、
様々なジェスチャーを使っていますよね。

これらによって、「伝わる力」は倍増するのです。

例えば、『これ位の大きさ』と言葉だけで表すのと、
手を使ってジェスチャーを付けて
「これ位の大きさです」と説明するのとでは、
伝わる力が全く違いますよね?

また、「3つの大事なポイントがあります」と言う時に、
3本の指を立てた方が記憶に残るというのも
間違いないでしょう。

他にも、『アイコンタクト』、『うなずき』、『笑顔』なども、
効果的なジェスチャーです。

ビジネスの場だけでなく、
日常生活においても大切な「ジェスチャー」。

しっかり身に付けていきたいと思います。

 

藤沢涼


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: