■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


コロナウィルスが繋いだ「絆」に感謝

2020年03月29日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

昨日のFXウェビナーは、コロナウィルスによる

外出自粛要請を受けて、緊急でお声掛けしたにも関わらず、

最大「150名」の方がご参加くださいました。

 

直接やり取りさせていただく中で、

 

「FXはギャンブルだと思っていましたが、

 そうも言っていられない状況になっています。

 

 いつ収入が無くなるか分からないので、

 FXを1つの収入源にできたら嬉しいです」

 

「以前、リアルセミナーに参加しました。

 

 その時は、真剣に学ぶことを見送ってしまったのですが、

 これから先、何が起こっても良いように、改めて、

 学び直したいと思っています」

 

などという声をいただきました。

 

コロナウィルスの問題が無ければ、

FXを敬遠していたような方々も、こうして、

私達とのご縁を持ってくださっています。

 

私達からすると、コロナウィルスが、

ご縁を、絆を、繋いでくださったのです。

 

そいういう意味で、このウィルスに感謝しています。

 

ウィルスに感謝というと、不謹慎かもしれません。

 

実際に、命が亡くなる(特に高齢者)ウィルスですから、

その観点で見れば、感謝などできるものではありません。

 

ところが、これまでの人類の歴史を振り返れば、

ピンチの時にこそ、人々が知恵を働かせ、結束し、

社会が大きく変わってきています。

 

この苦境でこそ、改革できることがあるはずです。

 

実際に、昨日のウェビナーでは、

確実に明るい未来が見えましたから、

ピンチをチャンスに変えられるよう、

前を向いて歩んでいくのみです。

 

昨年夏から取り組んでいる健康事業も、いよいよ、

「年収2000万円」の安定的な継続収入が、

見込める状況になってきました。

 

大きな収入をいただいているだけではなく、

これまでのどんなビジネスよりも、

皆様から、感謝していただけるビジネスです。

 

こんなに感謝していただけるなら、

私はボランティアでも良いと思えるほどです。

 

こちらも、コロナウィルスのおかげで、

爆発的に伸びています。

 

人類にとっての強大な脅威が訪れた今だからこそ、

 

「正しいビジネスこそが、生き残っていく」

 

そう思います。

 

一方で、社会全体が不安に覆われているため、

そこに便乗した悪徳商法も流行るでしょう。

 

「コロナ詐欺」

 

のような悪質な案件に飛び付かないよう、

十分にご注意くださいね。

 

真贋を見極める力があれば、

未来を大きく変えられる時代が到来しました。

 

この難局を、共に乗り越えましょう。

 

追伸;

 

昨晩は、ウェビナー後、換気の良いお店で

少しだけ打ち上げをしてから、解散しました。

 

 

 

もし、東京がロックダウンとなったら、

しばらく、外でお酒は飲めなくなってしまいますね。

 

何も心配せずに、飲み明かすことの幸せ。

こういう危機にこそ、感じますね。

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、

現在は「1億円」以上の資産構築に成功したkeiさんと

共同で開催したセミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

http://fujisawa-ryo.com/rp_b

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: