■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「たった1人の味方」の存在の偉大さ

2016年12月05日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

ryo_aoi20161205

 

心から支援し、強力に支えてくれる人がいたら、

それは大きな勇気を生み出し、人生を前に前に、

進めてくれる力となります。

 

私が、「起業」という道を選んだ時も、

周りの誰もが私を否定し、批判する中で、

妻だけは、いつまでも応援してくれました。

 

その力が、どれだけ励みになったか、、、

 

「個人の時代が到来していることを、自ら証明する!」

 

自分の信念を貫いて言動していても、

それが大きなものになればなるほど、

自信が揺らぎ、実行力を見失う時があるものです。

 

そのような時に、強く支えてくれる人の存在は、

何よりも有り難く、心の安定をもたらしてくれます。

 

その力を知っているからこそ、

私も生徒さんを指導させていただく際には、

その生徒さんの「たった1人の味方」になることを

第一義に考えています。

 

ビジネスを展開していく時には、

誰もが、成果が出ないことに落胆したり、

思いがけず、誰かに批判されることがあります。

 

突然、孤独を感じて、

それまで一生懸命進めていた作業を、

すべて、投げ出してしまいたい気持ちに

なってしまうこともあるでしょう。

 

それでも、私がどんな時でも「味方」であり続け、

支え続けていきたい、そういう思いで

接することを心掛けています。

 

もちろん、時には、

厳しい指導もさせていただきます。

 

ご本人にとっては、

積み重ねた努力を「否定」されたように

感じてしまうこともあるかもしれません。

 

しかしながら、それでも私に向き合い、

人生を変える努力を続けてくだる方に対しては、

私が一番のサポーターとなり、

支援し続けていきたいと考えています。

 

そのような心掛けの中で、

大きな成果を出される方には、

1つの共通点があることに気付きます。

 

それは、時にぶつかり合うことがあっても、

常に「報連相」を欠かさずに

私に向き合ってくださるということです。

 

だからこそ、私も真剣に、

全力で向き合うという関係性の中で、

一気に開花していくのです。

 

お互いに信頼し合える関係があるからこそ、

掛け合わさった力が、最大化していくのですね。

 

共に戦い抜いた先に、

大きな成果を手にしていただいた時の達成感は、

何よりも嬉しいものです。

 

ですから、生徒さん達にも、

その方が指導者としてステップアップされる際には、

誰かの「たった1人の味方」になって欲しいと

心から願っています。

 

そうして、このような意識が社会に拡がっていけば、

人生を自分の力で大きく変えられる人が増え、

日本が再度、輝いていくと考えています。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: