■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


ビジネスの成功と「譲る」意識の重要性

2016年10月01日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

ryo_aoi20161001

 

エレベーターで乗り合わせたご年配の女性から、

人生において「譲る」ということの大切さを

教わりました。

 

私達がボタンを押して、その方に

先に出ていただこうと思っていたのですが、

 

「こんなに小さい子供達を育てているのですもの。

 一番可愛いけど、とても大変な時期よね。

 お先にどうぞ。」

 

と声を掛けてくださって、

私達を先に出してくださったのです。

 

子供達だけでなく、荷物も抱えていたので、

とても有り難く感じるとともに、社会の中で

「我先に」と自分主導で言動するのではなく、

誰かに何かを譲るという心配りが、

こんなに人を幸せにするものなのだと

改めて気付かされました。

 

ビジネスの世界に身を置いていると、

このような思いやりとは

全く逆の価値観が蔓延していることを

認識させられます。

 

「早く、大きく、稼いだ者が勝ち」

 

という、極端に偏った考え方です。

 

本当に価値のあるものを提供できているならば、

それは素晴らしいことであり、

全く問題がありません。

 

しかしながら、

人の道から外れるようなことをやってまで、

「奪ったものが偉い」と捉えるような意識は、

改めなければいけません。

 

もし、私達が島の中で少人数民族の生活をするなら、

取れた獲物を譲り合い、分け合うはずです。

 

しかし、現在、社会の中で余っているお金は、

ビジネスや金融の世界で奪い合う対象になっていて、

結果として、それが格差に結び付いています。

 

人は、名を残すためや、財産を残すために、

生まれてきた訳ではありません。

 

人としてどう生きるかの叡智を与え合い、

命を次の世代に譲っていくために存在しています。

 

つまり、「譲る」という意識が、

社会全体を幸せにするには欠かせないのです。

 

だからこそ、私はビジネスにおいても、

成功した時は仲間のおかげ、

失敗した時は自分の責任だと常に意識して、

相手に譲る気持ち、仲間で分け合う姿勢を

持ち続けたいと思います。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: