■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「令和」に学んだ「行動の大切さ」

2019年05月24日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

令和元年を迎えてから、約3週間が経ち、

私は改めて、「行動すること」の大切さを

強く感じています。

 

1週:FXで週給「400万円」突破

 

2週:家族で四国旅行

 

3週:FXの短期トレード開発

 

まず、改元にあたり、

ゴールデンウィーク中に

1つの大きなスキルを手にしようと、

FXの裁量トレードに向き合いました。

 

そして、令和スタートと共に、

「デモ」ではなく、「リアル」で、

FXのトレードを始めて、週給「400万円」という

大きな実績を作ることができました。

 

その上で、多くの方が長期休暇を終えた頃、

家族で四国を周遊し、たくさんの思い出を

創ることができました。

 

龍馬と見た桂浜、

写真では伝えきれない仁淀ブルーの美しさ、

家族で入った道後の露天風呂、、、

 

どれも、素晴らしい思い出で、

私の人生に欠かせないものとなりました。

 

小学生の息子を休ませることに対して、

否定的なご意見もありましたが、

家族で出した結論に、

間違いは無かったと感じています。

 

その旅行中、FXトレードでも

たくさんのチャンスがありましたが、

逃してしまった利益が多くありました。

 

そこで、旅から戻ってきてから、

「短期」のトレード手法を研究しています。

 

1回で「50-100pips」を狙うものではなく、

1回で「20-30pips」の小さな波を、

しっかり掴んでいく手法を開発中です。

 

この手法を確立することで、

旅行中でも、チャートを見たその時に、

小さな波で利益を確定することができます。

 

旅の途中で、大きな波を捕らえられたらベストですが、

それは、相場状況にもよります。

 

また、長期トレードで確信を持つためには、

深い分析が必要となり、その分、チャートをしっかり

読み解くことが必要になります。

 

旅行中には、できるだけチャートから離れて、

家族との時間を楽しみたいので、これらの

ハイブリッドの力が必要だと感じたのです。

 

このように、行動するから見えてくるもの、

行動しないと全く見えないものがあることを、

実際の人生経験から学んでいます。

 

FXの裁量トレードを、

いつまでも「デモ」でやっていたら、

ここまで本気になることができず、

スキルアップも見込めなかったでしょう。

 

義務教育を疎かにしてはならないと、

家族旅行を見送っていたら、

家族の愛おしいあの笑顔を

見ることはできなかったでしょう。

 

限られた人生の中で、

いかに、豊かに生きていくか。

 

その原点は、「行動すること」である。

 

そんなことを、令和を迎えて3週間で

考えさせられています。

 

私を成長させてくれた「平成」に、

そして、これから生き抜く「令和」に、

心から、感謝しています。

 

追伸;

 

本日の写真は、道後温泉で息子が見付けた

「平成」と「令和」の墨書!

 

 

 

官房長官のように掲げる息子が、キュートです^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、

現在は「1億円」以上の資産構築に成功したkeiさんと

共同で開催したセミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: