■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


人生における「投資」と「回収」

2015年11月08日

※激戦の社長ランキングの中で、

 藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

tsubasa_papa1108

 

人生においては、早期に回収できる投資と、

時間を掛けなければ回収できない投資が

存在しています。

 

例えば、株やFXなどの投資では

短期的利益の可能性がありますが、

それを狙い過ぎて、

資金を失う方が多くいます。

 

早期回収ばかりを狙うと、

どうしても、リスクは高くなりますね。

 

一方、より安全な回収を考えると、

長時間を覚悟しなければいけません。

 

例えば、医師の資格を得るためには、

6年間大学の医学部で学び、

国家試験に合格する必要があります。

 

その後も研修医としてのトレーニングがあり、

1人立ちするまでには長時間の修行を

覚悟しなければいけません。

 

弁護士も、司法試験に合格するまで

かなりの年数が必要です。

 

合格後も、大変な研修を経て、

現場での経験を積むことが必要で、

更に、現在は弁護士自体の収入が減っている

環境にありますから、回収には10年以上

掛かると考えるべきです。

 

会社員で役員を目指す場合は、

20-30年間を会社に捧げ、

自分の能力や時間を投資し続けることが

必要になります。

ただ、それでも、役員になれず、

思ったような回収ができない可能性は

低くありません。

 

回収を早めるためには、

もっと小さな会社へ転職するか、

外資系企業のような能力主義の会社で

努力を重ねる必要があります。

 

その場合、一時的に収入が

激減する可能性もありますし、

早期にリストラされるリスクも

抱えることになります。

 

このように、

掛けたお金や時間以上の見返りがあるか、

という観点で見ると、回収には長時間

必要なものが多いのが現実です。

 

子育ても同じです。

 

膨大なお金と時間を投資して、

その投資が上手くいったと思えるのは

随分と先になるでしょう。

 

ただ、子供の成長自体が喜びであり、

心理的な満足度を得ることにより

すでに回収できていると考えると、

子育てという行為は、実は、

「超短期」に回収できる投資だと言えます。

 

私は、この感覚を、

ビジネスにも持っています。

資金的な回収には

ある程度の時間が掛かっても、

取り組むプロセスで、

「自己成長」という回収があると

捉えるのです。

 

そう考えると、

こんなに回収の早いものはありません。

 

そして、私がお教えする生徒さんも、

自己成長に喜びを見出だせる方は、

長期継続できますし、結果的に、

収入もどんどん大きくなっています。

 

早期の回収ばかりを考えて

焦ってしまうと、残念ながら、

結果もついてきません。

 

子育てと同様、

成長することに喜びを感じながら、

長期的に取り組む意識を持ちましょう。

 

実は、その意識によって、

ビジネスを短期的に成功する投資へと

生まれ変わらせることができますね。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: