■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


睡眠のリズムを取り戻す「時差ボケ」解消法

2016年07月08日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

ryo_aoi0708

 

アメリカから帰国後、久しぶりの時差ボケに

悩まされていたのですが、ネットや書籍の情報を

実践したところ、1日で回復しました。

 

私が実践したことは、主に以下の6つです。

 

・朝、強引に起きて、濃いめのコーヒーを飲む

 

・日中、陽の光を浴びながら、軽い運動をする

 

・夕食時、少しだけお酒を飲む

 

・ぬるめのお湯で少し長めにお風呂に浸かる

 

・リラックスできるアロマの香りをかぐ

 

・いつもより完全に、真っ暗にして眠る

 

国際線のパイロットは、70%近くの方が

睡眠障害等に悩まされているそうです。

 

日中の眠気や知的作業能率の低下だけでなく、

疲労感、食欲低下、吐き気、イライラ感など、

重い症状を抱える方も少なくありません。

 

今回、私が感じたのは、眠気や疲労感だけでしたが、

過去の経験よりもずっと、重い症状でした。

 

睡眠は健康維持にとても大切なことなので、

時差の大きな国を往復する時は、

十分に注意したいですね。

 

以前、人間が船や汽車で海外へ行っていた時代は、

現代のような時差ボケは認知されていませんでした。

 

しかし、飛行機により短時間で移動することで、

体内時計と現地の生活時間に大きなズレが

生じるようになったようですね。

 

このズレを「外的脱同調」と言い、そのせいで

ホルモンの分泌や、睡眠覚醒のリズムが崩れ、

体内時計がおかしくなるのが「内的脱同調」です。

 

この「外的脱同調」は到着直後、

そして、「内的脱同調」は到着1-3日後に、

その症状が最も重くなるそうです。

 

これらの時差ボケの症状は、

 

・朝型人間

 

・中高年者

 

・東行きフライト

 

ほど強くなるそうで、最近朝型になり、

年を重ねた私には、すべて当てはまります。w

 

西行きより東行きの方が、体内時計の調整が

より難しいそうなので、今後も渡米の機会を

積極的に作りたいと思っている私は、

今回をきっかけに自分なりの時差ボケ対策法を

固めておこうと思います。

 

カフェイン、アルコール、アロマ、入浴、日光、、、

 

時差ボケ対策だけではなく、日常の中でも、

これらの力を上手に借りながら、

最適な睡眠を取れるように、心掛けたいですね。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

無料お薦め

有料


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

  • by 竹澤

    こんにちは!
    普段から意識しておく事でいざ時差ボケになっても軽症ですみそうですね!

    12 7月, 2016 5:25 PM




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: