■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2022年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「異端」を育てる、覚悟を持つ

2022年07月24日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

日本では、横並び思想が重んじられるので、

金太郎飴教育に乗じる方が安全です。

 

しかしながら、一流大学への進学、

一流企業への就職こそが、

 

「幸福の価値基準である」

 

という時代は

あっという間に過ぎ去っています。

 

それでも、人々はまだ、その個性を殺し、

社会の歯車であり続けています。

 

資源もエネルギーも無い日本では、

最大の武器は、

 

「人間そのものしか無い」

 

と言えるのではないでしょうか。

 

グローバル社会の中で負けないためには、

個性ある人間を育てていく必要があるのです。

 

スポーツ界で活躍する選手の親を見ていると、

彼らがいかに、目の前の仕事より子育てを選び、

子どもとの時間を重視したかが分かります。

 

イチロー、松坂大輔、杉山愛、石川遼、

宮里藍、錦織圭、内村航平、大谷翔平、、、

 

様々な書籍などの情報から、

彼らの親がどれだけ子どもを愛し、

子どもに向き合い、好奇心を伸ばす

教育をしていたかに驚かされるのです。

 

また、天才児の親たちは、

子どもと接する時の言葉にも注意しています。

 

子どもと同じ目線に立って物を見て、

同じ気持ちになって語り合ったのです。

 

もちろん、育児に情熱をかけ過ぎて、

失敗をしてしまったケースも多くあります。

 

親が熱心過ぎて、

親子の感情にズレが出てしまったり、

その他の何らかのトラブルによって、

道を断念することもあるでしょう。

 

しかしながら、

親が子どもを温かく見守り続ければ、

どんな小さなトゲでさえも

親が抜いてあげることができると考えています。

 

私は、天才を育てた親たちのように、

息子や娘を育てる中で、

社会の中で異端にすることを

恐れないでいたいと思います。

 

そして、私達大人も、

異端になる「勇気」や「覚悟」を持てば、

本当の自由と富が得られることを

証明していきたいと考えております。

 

さて、ウルトラマンの制作会社である

円谷プロがあった祖師ヶ谷大蔵駅には、

たくさんのウルトラマンが!

 

アニメの中でも異端である

ウルトラマンを見つめながら、

異端に育ちつつある息子との

サイクリングを楽しみました^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

 

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: