■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


子に授けていきたい「生き抜く力」

2021年04月14日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

今の時代を「生き抜く力」の答えは、

「お金」あるいは、「お金を得る力」だと

考える方が多いと思います。

 

お子様を育てている親御さんの中には、

 

「自分の子どもが、お金に苦労しないように」

 

と願う方も少なくないでしょう。

 

しかしながら、私は、

それだけを「正解」だと考えてしまうのは

危険だと考えています。

 

私の後輩の女性社員は、

過労自殺してしまいました。

 

同世代で、

トップクラスの収入がありながらも、

自ら、命を断ってしまったのです。

 

彼女は、不運なことに、周囲の環境や人に

命を奪われてしまったと捉えていますが、

もし、彼女に、

 

・疑う力

 

・自分で人生をデザインする力

 

があれば、

 

「これだけの過酷な労働状況は、

 自ら脱するべきだ」

 

「パワハラ・セクハラする上司を訴えよう」

 

「電通を辞めて、他の道を探ろう」

 

という判断を、どこかのタイミングで

することができたはずです。

 

また、彼女の辛い状況を

周囲の誰かが気付いてあげたら、

彼女を強制的に異動させたり、

休息を与えてあげるなど、

救ってあげることもできたはずです。

 

日本の教育では、

 

「忍耐することが美しい」

 

「自ら奉仕するべきだ」

 

「組織に染まれ」

 

と考えてしまう方が多いですが、

そのような常識を疑い、否定し、

自ら、生き方を創り出せる人や、

周囲の人に救いの手を差し伸べる人こそが、

力強く生き抜いていくと感じるのです。

 

そして、そのために親ができることは、

親が常識を疑い、自分の人生を自ら切り拓き、

そして、周囲の人を助けていくことだと考えています。

 

親子で、人生を歩んでいく中で、

これからも、共に成長していきながら、

「生き抜く力」を培っていきたいと願っています。

 

AirPods Proを耳に着けて、

NetflixやAmazonプライムを楽しんでいる

息子を見つめながら、改めて、そう誓いました。

 

 

それにしても、

いつの間にかイケメンになったなあ・・・笑

 

 

「つっくん、イケメンだねえ!」

 

と言ったら、クシャッと笑う笑顔も最高!

 

 

息子の綺麗な横顔にうっとりする、

親バカな父親です^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆藤沢涼のスマホ在宅「月収5万円」プロジェクト

 

完全在宅で、まずは「月収5万円」を

着実に得ていきたいあなたへ。

 

こちらから、私のLINEにご申請の上で、

「お名前」と「スマホ在宅 月収5万円」

というメッセージをお送りくださいね。

 

http://fujisawa-ryo.com/smart_b

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

  • by 鈴木節子

    生き抜く力、とても必要な教育だと思います。
    また、自分も他人も尊重する、命の大切さなど、パワハラや、いじめ、虐待をする側も何か劣等感を感じていて、優越感を得たいためにそうしているのでは?という気がします。
    自分の命も他人の命も大切であると言う教育と合わせて生き抜く力を教育していただきたいものです。

    15 4月, 2021 7:42 AM




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: