■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


赤ちゃんの産声は世界共通の「ラ」

2015年08月24日

※あの有名な社長達の中で、

 藤沢涼が急上昇中です!!

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

family0824

 

息子が「ラ」の音で産声を上げてから、

2年8ヶ月の月日が流れました。

 

最近学んだのですが、

世界中の赤ちゃんの第一声は、

「ラ」の音になるそうです。

 

オーケストラが音合わせをする時の

一番初めの音「ラ」の高さで、

つまり、音楽の基本の音を鳴らしながら、

赤ちゃんは「オギャー!」と泣いて、

その命をスタートさせるのです。

 

それを知ってから、

息子が生まれたばかりの時に

撮影した動画を見ると、確かに、

息子の泣き声の音が「ラ」でした。

 

命の「不思議」を感じますね。

 

18時間の難産だった息子の出産シーンは、

これまでにもう30回以上見ているのですが、

その度に、妻への感謝、そして、

息子への感謝が溢れ出し、

感動して涙を浮かべてしまいます。

 

新たな命が「生まれる」ということ、

そして、その命がすくすくと

「育つ」ということ、

その奇跡に、大きな幸せを感じます。

 

私の友人の中には、

妊娠を願っているのに、

なかなかそれが叶わない家庭も

少なくありません。

 

昨今の食事の急激な変化、

精神疾患の増加などにより、

夫、妻のどちらか、あるいは両方に

何らかの問題を抱えていて、

医師に「不妊」と診断される家庭も

増えています。

 

私も、4年間子供を授からなかったので、

医学的には「不妊」と称されました。

 

ですから、

あらゆる視点で食事を見直し、

漢方、ホメオパシー、断食など、

様々な療法を試しましたが、

残念ながら、すぐには妊娠に

結び付きませんでした。

 

私達が息子を授かったのは、

私が電通を辞めると決意した直後です。

 

新たな人生に向かい、

頭も心もリセットして、

それまでのストレスから解放された時、

息子が妻のお腹の中に宿ってくれたのです。

 

今の私があるのは電通のおかげなので、

私は電通に感謝しています。

 

ただ、会社員の過労とストレスが、

人間として生きていく幸せを

少なからず奪っているという

側面もあることは否めません。

 

そして、現代の日本社会に生きる多くの方が、

同じような環境にあるのではないかと思います。

 

本当はもっと精神的に解放されたいのに、

物理的にも、精神的にも会社に拘束されていて、

思い描いた人生を歩めていない方も

多くいらっしゃるでしょう。

 

もちろん、不妊の原因のすべてが

そのせいだとは言いませんが、

現代の会社員の精神的な問題は

人生の様々な点において

小さくはないと考えています。

 

ですから、起業して、

自由を勝ち取り、精神的に解放されて、

幸せな人生を歩む方を1人でも増やしたい。

 

そう願っているのです。

 

そのために、私にできることを

追究し続けていきますね。

 

追伸;

 

昨夜は、息子の2歳8ヶ月を祝して、

息子の「ラ」の歌声を肴に

妻とシャンパンで乾杯しましたよ^^

 

  

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: