■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2022年11月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


快晴の「青島神社」で育んだ家族愛

2022年10月16日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

社長ブログランキングへ 

 

 

観光列車「36ぷらす3」の快適な空間で、

家族の楽しい思い出を刻みながら

鹿児島から宮崎まで移動した私達は、

「青島神社」に向かいました。

 

 

パワースポットが複数ある宮崎の中でも、

縁結びの素晴らしいご利益があると言われ、

私達夫婦が何度も参拝している神社です。

 

 

この神聖な場所は、

浦島太郎の物語の元とされる神話

「山幸彦と海幸彦」の舞台とされています。

 

その登場人物であり、

縁結びの神様として信仰の篤い

山幸彦と豊玉姫が祀られているのため、

縁結びの神社として有名になったようです。

 

 

1周1.5kmの小さな島の中にあり、

 

 

数々の神社の中でも、

厳かな雰囲気でありながら、

周囲は鬼の洗濯板と呼ばれる波状岩に囲まれ、

磯遊びを楽しむこともできます。

 

 

 

また、橋を渡る手前には、

綺麗な白浜の青島ビーチが広がり、

子ども達を海で遊ばせながら、

オシャレなカフェで、

ビールやコーヒーを飲んで

ゆったりすることもできます。

 

 

絵馬のトンネルがあったり、

 

 

「天の平瓮投げ」という

古代の祭祀にならった

願掛け占いのようなものがあって、

薄いお皿を磐境に向かって投げられたり、

 

 

ピンボールゲームのようなもので

綺麗なお守りが購入できたり、

 

 

楽しみながらお参りしていたら、

あっという間に夕方に!

 

 

あまりに楽しく、気候も快適だったので、

気が付くと時間が過ぎ去っていました。

 

本当は、参拝を早く済ませて、

サンメッセ日南でモアイ像を見たり、

動物と触れ合ったりする予定だったのですが、

子ども達が、

 

「ずっとここが良い!」

 

と満喫して、

海で泥だらけになりながら、

 

 

ビーチを走り回りながら、

 

 

まだまだ遊び足りなかったようなので、

この子達の喜びが、何より幸せです。

 

 

快晴の青島神社で、

また家族愛を育むことができたことに、

心から感謝しております^^

 

 

 ※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキングへ

藤沢涼


あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: