■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


妻の誕生日に「ヘアドネーション」

2021年08月27日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

毎年、家族でお祝いしている妻の誕生日を、

今年も盛大にお祝いしたかったのですが、

 

「コロナで大変な人が多いから、

 今年は質素に、ケーキだけにしようよ」

 

「プレゼントも要らないよ!

 お家で家族で過ごせるだけで幸せだよ」

 

そう言う妻に、

 

「何も無いのは寂しいから、

 ちょっとでも欲しいものを教えて!」

 

と伝えたところ、

 

「髪の毛をバッサリ切ろうかな!?

 その髪の毛を、寄付したい!」

 

とのことでした。

 

私は知らなかったのですが、

小児がんや先天性の脱毛症、

不慮の事故などで頭髪を失った子どものために、

寄付された髪の毛でウィッグを作って、

無償提供する活動があるとのことでした。

 

この「ヘアドネーション」のために、

妻の髪の毛を寄付したいと言うのです。

 

素敵な考え方だと思った私は、

 

「子ども達のことは任せて!

 たまには、1人時間を楽しんで!」

 

と伝え、美容室に出発する妻を見送りました。

 

4時間後、40cm以上をバッサリ切って、

戻ってきた妻は、別人のようでした。

 

 

私は、出会ってから初めて見る

ショートカットの妻に、改めて、

 

「綺麗な女性だなあ^^」

 

と思ったのですが、

息子と娘は、

 

「なんか、、、ママじゃない!

 違う人みたい!」

 

と、素っ気ない態度。

 

「ママは、長い髪の方が似合うよ!」

 

「髪の毛が長いママが好きだった!」

 

などと言う子ども達でしたが、

 

「ママの髪の毛が、

 誰かの髪の毛になるんだよ!」

 

「病気で髪の毛が無くなってしまった子に、

 ママの髪の毛をプレゼントできるのは、

 凄いことじゃない??」

 

などと説明すると、

 

「そっか!ママの髪の毛は、

 どこかの誰かの髪の毛になるんだね!」

 

と理解してくれ、

家庭での社会教育にもなりました。

 

 

結果的に、

 

・妻は、新しい自分を楽しむ機会になった

 

・私は、ショートカットの妻に惚れ直した

 

・子ども達にとっても、良い家庭教育ができた

 

・コロナ禍でも、美容院の売上になった

 

・悩んでいる人に、髪の毛を寄付することができた

 

と、一石五鳥の誕生日プレゼントになったと感じます。

 

さすが、我が妻!

 

 

いつまでも私に生き方・あり方を

教え続けてくれることに、

改めて感謝した、妻の誕生日でした^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆藤沢涼のスマホ在宅「月収5万円」プロジェクト

 

完全在宅で、まずは「月収5万円」を

着実に得ていきたいあなたへ。

 

こちらから、私のLINEにご申請の上で、

「お名前」と「藤沢涼 無料コンサル希望」

というメッセージをお送りくださいね。

 

http://fujisawa-ryo.com/smart_b

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: