■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「あきらめ脳」から、「頑張る脳」への転換

2020年09月04日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

人の親のとして、ビジネスの指導者として、

子どもや生徒がついつい抱いてしまう

 

「自分には無理!」

 

を克服させて、

 

「自分はできるんだ!」

 

というイメージを与えることが、

とても大切だと考えています。

 

水泳の北島康介選手ら一流のアスリートに対し

脳科学的アドバイスをして成功に導いた

脳神経外科医の林成之先生の言葉をお借りすると、

 

 「あきらめ脳」を「頑張る脳」へ変えていくことが

 親の使命であり、指導者の使命である

 

ということです。

 

子ども達が頻繁に、

 

「これはできない!」

 

と叫ぶように、人間は、元々は怠け者で、

誰かにやってもらうことを望むものです。

 

その自然な感情をそのままにしてしまうと、

何の成長もありません。

 

例えば、

 

「できない!」

 

と訴えたら、すぐに手助けしてしまうこと。

 

何かに失敗してしまった時に、

 

「どうしてできないの?」

 

と、更に追い詰めてしまうこと。

 

少し反抗的になった時に

 

「いい加減にしなさい!」

 

と、厳しい口調で迫ること、、、

 

このようにしてしまうと、

 

「あなた1人の力では無理です」

 

というシグナルを送ってしまうことと

同義になってしまいます。

 

ですから、

 

「できない!」

 

と苦しんでいたら、

 

「できるところまでやってごらん!」

 

と促して、

もし行き詰まったら、少しだけ手を貸してあげる、

そして、最後までやらせてあげるという姿勢が

大切だと思います。

 

また、何かに失敗してしまった時は、

 

「よく、ここまで頑張れたね!」

 

と労ってあげて、そこまでの努力が

いつか実になることを教えてあげるべきです。

 

私の子ども達は、

まだまだ反抗期ではありませんが、

もし反抗してきたら、

 

「パパも、そういう頃があったよ」

 

と、相手の立場に寄り添った伝え方を

していくべきだと考えています。

 

常に見守り、手は貸してあげるのですが、

最終的には、

 

「自分の力で乗り越えた」

 

という感覚を

残してあげるべきだと思うのです。

 

ビジネスでお教えする時も、

このような向き合い方が重要です。

 

ですから、生徒さんやビジネスパートナーさんの

 

「あきらめ脳」

 

 

「頑張る脳」

 

に変えて、

 

「できる」

 

自分のイメージに向かっていけるよう

隣で支えていく指導者・伴走者でありたいと

心から願っています。

 

人生の本質は、目の前の様々な事象にあり、

あらゆることから学ぶ意識が重要ですね!

 

育児からも学べる深い気付きに、

日々、感謝しております!

 

追伸;

 

娘が生まれる前に、家族3人で撮った

結婚式写真が出てきました。

 

 

妻はドレス、私はタキシードで、

バシッと決めた1枚です!

 

そろそろ、娘も入れて、4人で撮りたいです^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

http://fujisawa-ryo.com/rp_b

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: